ウォシュレット取り付け時に気をつけるポイントと費用を紹介!

ウォシュレットの取り付けは、実績と経験が豊富な業者に頼むのがおすすめです。自分たちでDIYすることも可能ですが、後々大きなトラブルや破損につながるケースもあるため、注意しておきましょう。 今回は、ウォシュレットを取り付けるときのポイントを紹介します。費用相場も解説しますので、今後取り付けを検討している方はぜひ参考にしてみてください。


この記事は約7分で読み終わります。

ウォシュレットを取り付ける際にかかる費用の内訳

ウォシュレットの取り付け費用は、どこまで業者に任せるかによって変動します。基本的には、下記の2通りから選ぶことが多いため、あらかじめ知っておくとよいでしょう。

・本体を自分で購入し、交換工事だけ依頼する
・本体購入+交換工事のセットで依頼する

この項目では、それぞれの特徴や費用について解説します。

交換工事だけ依頼する場合

ウォシュレット本体は自分で購入し、交換工事だけを業者に依頼するケースです。家電量販店や大型のホームセンターなどで、ウォシュレット本体は販売されています。もちろん個人でも購入可能なため、メーカーや性能にこだわってピンポイントでほしいものがある方は自分で手配してもよいでしょう。

ウォシュレットの本体価格と交換工事の費用を合算し、トータルコストを見ることがポイントです。下記は、およその費用としてイメージしておきましょう。

  袖リモコンタイプ 壁リモコンタイプ
本体価格 1万9,000円~4万円 3万8,000円~8万円
交換工事費用 7,000円~1万円 1万円~1万4,000円

本体価格は、ウォシュレットのタイプ・グレード・メーカーにより変動します。また、交換工事にかかる諸費用も業者により変動しますので、参考程度に留めておくのがよいでしょう。

本体購入+交換工事のセットで依頼する場合

ウォシュレット本体の購入も含め、設置完了までのほぼ全てをリフォーム会社に依頼することも可能です。ほぼ丸任せできるため負担が少なく、短期間で完了させやすいことがメリットだと言えるでしょう。

本体購入を含めて業者に依頼する場合の費用相場は、下記の通りです。

袖リモコンタイプ 3万円~4万5,000円
壁リモコンタイプ 4万9,000円~9万5,000円

工事のみと本体購入含む工事、どちらの手法で依頼するにしても、壁への設置費用がかかる「壁リモコンタイプ」の方が高額になりやすいです。その分手が届きやすいなど操作性が高く、お年寄りでも使いやすいことがメリットといえるでしょう。

目次へ

ウォシュレット取り付けの費用を抑えるコツ

次に、ウォシュレットの取り付け費用を抑えるコツを紹介します。

なるべく安価に工事を完了させたい人や、コストパフォーマンスを重視できる依頼先を見つけたい人は参考にしてみましょう。

1.オプションや諸経費がかからないようにする

オプションや諸経費がかからないよう、必要最低限の支払いに調整する方法です。例えば、取り外した便座や古いウォシュレットの処分まで業者に依頼する場合、処分費用が加わるため高額になりやすい傾向です。

また、出張費・駐車場代・保証料などが加算されることもあります。特に遠方の場合は出張費無料の対象外とされるケースもあるため、無料と紹介している業者は条件がないかチェックしておくことが大切です。

古いウォシュレットは自治体の粗大ごみに出したり、自分で自治体の処分センターに持ち込んだりすれば費用を抑えやすく、300円程度で済むケースが多いです。その分手間はかかりますが、業者に依頼したときの処分費用と自分で処分した場合の手間を見比べながら、検討していきましょう。

2.取り付けるウォシュレットは型落ちのものを選ぶ

取り付けるウォシュレットのグレードを少し下げたり、型落ちしている古いモデルを使ったりすることも効果的です。「古い=壊れやすい・使いづらい」ということはなく、あくまで機能の幅が違ったり見た目が違ったりするケースがほとんどです。

最新モデルが出た直後は特にひとつ前のモデルが値下がりしやすいので、お得に後付けすることができるでしょう。「自分たちが求めている機能さえ搭載されていれば十分」という方も多く、最もコストダウンしやすい方法です。

目次へ

【注意】追加費用がかかるおそれがある

ウォシュレットの取り付け工事をする際は、追加費用の有無に注意する必要があります。ホームページ上では非常に安価な金額が掲示されていたのに、実際に見積もりを取ったら倍の金額になってしまった、ということも少なくありません。

以下の項目に当てはまる場合、費用が高くなる可能性があるため注意しましょう。

・タンクがないなど特殊な形状のトイレへの取り付け
・配管や給水ホース、止水栓などの交換が必要
・消費電力の問題で配線工事が必要
・壁リモコンタイプの設置

特殊な工事が必要であるほど、追加費用がかかると分かります。

特に、壁リモコンタイプのようにトイレだけでなく壁にも工事が必要な場合は、正確な金額をあらかじめ見積もってもらい、費用をすり合わせておくことが欠かせません。

目次へ

ウォシュレット取り付けはDIYより業者に!

ウォシュレットの取り付けは一見簡単なように見えますが、水回りの工事であるため水漏れ・ショートなどに十分配慮して進めなければいけません。

DIYで取り付けることも可能ですが、できれば、施工が丁寧で水漏れ・ショート対策もきちんとできる業者に依頼した方がよいでしょう。

DIYで起こりがちなトラブル3選

ここでは、DIYによるウォシュレットの取り付けで起こりがちなトラブルを紹介します。

1.トイレのタイプやコンセントの有無などを判断できない

ウォシュレットの取り付けには、トイレのタイプ・サイズ・設置条件などをあらかじめ調べておく必要があります。購入したウォシュレットが壁リモコンタイプだった場合、DIYでの設置はほぼできないでしょう。

しっかりサイズを計測したつもりなのにズレていたり、取り付け方法が分からなくて困惑してしまったりすることも多いです。間違いなく確実に取り付けるためにも、業者への依頼をするのがおすすめです。

2.取り付け作業中に水漏れが発生する

トイレは水道管に直結しているため、取り付け作業中に水漏れが起きる可能性があります。止水栓を締め忘れて水浸しになったり、きちんと設置できていなくて後々水漏れになったりすることもあるでしょう。

自宅に大きな被害が出るだけでなく、マンションや集合住宅の場合は他の家庭に迷惑をかけることもあり、注意が必要です。後々トラブルにならないためにも、経験のある業者に任せるのがベストです。

3.メーカー保証が適用されない

自分でウォシュレットを取り付けた場合、メーカーの保証が適用されないケースがあります。業者による取り付けであれば、万が一トラブルが発生しても、保証の対象となるでしょう。アフターフォローやメンテナンスなど、オプションサービスも期待できます。

目次へ

ウォシュレットの設置はおうちの御用聞き家工房にお任せ

おうちの御用聞き家工房」では、トイレまるごとのリフォームはもちろん、ウォシュレットの交換や後付け工事も実施しています。

住宅のプロが現地調査のうえ、採寸・アドバイスしてウォシュレットの購入をお手伝いしたり、ウォシュレットの手配から一貫してご依頼いただいたりすることもできます。ご都合に合わせてご相談ください。

また、「壁リモコンタイプと袖リモコンタイプ、どちらの方がいいの?」「今安いウォシュレットはどれ?」などの疑問にもお答えできます。費用を安く抑えたいけれどDIYは怖い、という方にはコストパフォーマンス抜群のウォシュレットや、生活スタイルに最適な施工をすることを意識しています。

また、ウォシュレットに関わらずお家のトラブル・疑問は何でもご相談ください。スポットで必要な細かな雑用から、プロに頼まないと難しいリフォームまで、幅広く担当しています。

目次へ

まとめ

ウォシュレットを取り付けたい場合は、水漏れ・ショート・サイズ違いなどのトラブルを避けるため、専門業者へ依頼することをおすすめします。

一見、費用が高く感じられるかもしれませんが、型落ちのウォシュレットを使ったりオプション・諸経費がかからないよう最大限配慮したりすることで、思った以上にコストを抑えて実施することも可能です。

「おうちの御用聞き家工房」でも、ウォシュレットの取り付けを承っています。取り付けを検討しているという段階の方でも素早くお見積りさせていただきますので、まずはお気軽にご相談ください。