【困った!】キッチンの水漏れの原因・直し方を紹介!

キッチンの急な水漏れに悩んでいませんか?毎日使う水回りの故障はとても不便ですよね。 実は蛇口周りの水漏れは、珍しいことではありません。多くの場合、原因は部品の経年劣化によるものです。今回はキッチンで起きる水漏れの詳しい原因と自分で出来る直し方を解説していきます。


この記事は約8分で読み終わります。

キッチンの蛇口は2種類

まず、水漏れの原因を知るためには蛇口のタイプを知る必要があります。蛇口は大きく分けて「シングルレバー混合水栓」と「ハンドル混合水栓」の2種類です。まずは、水漏れが起きている蛇口がどちらのタイプなのか確認してみましょう。

シングルレバー混合水栓

シングルレバー混合水栓は、レバーがひとつだけ付いているタイプの蛇口です。レバーを左右に動かすことで温度の調節、上下に動かすことで水量の調節ができます。

最近建てられた住宅や、新しく蛇口を付け替える場合はこちらが使用されることが一般的です。

ハンドル混合水栓

ハンドル混合水栓は、冷水と温水のふたつのハンドルがあり、両方を回すことで温度調節をするタイプの蛇口です。

こちらは新しい住宅ではほとんど使われていません。ただし、シングルレバー混合水栓と比べて構造が単純なので壊れにくく、修理もしやすいということがほとんどです。

目次へ

【箇所別】キッチンの水漏れ原因

ひと言で水漏れといっても原因はさまざまです。どこで水漏れしているかによって、考えられる原因は異なります。先ほどお伝えしたシングルレバー混合水栓とハンドル混合水栓で考えられる水漏れの原因を確認してみましょう。

蛇口の吐水口からポタポタ…と水漏れ

レバーやハンドルを固く止めているのに、水がポタポタと吐水口から漏れ続ける場合があります。この原因は、基本的に内部部品の劣化によるものだと考えて良いでしょう。

シングルレバー混合水栓の場合、バルブカートリッジの故障が考えられます。バルブカートリッジは、水量や温度の調節を行う重要な部品です。

ハンドル混合水栓では、パッキンの劣化が考えられます。ハンドルの中にあるパッキンが劣化すると、外側をしっかり締めてもパッキンの隙間から水が漏れてきてしまいます。

蛇口のレバー・ハンドル部分からジワジワ…と水漏れ

水を流しているときに、レバーやハンドル部分の部品のつなぎ目から水漏れすることがあります。

シングルレバー混合水栓のレバー部分から漏れているときは、吐水部からの水漏れと同様に、バルブカートリッジの故障が原因です。

ハンドル混合水栓の場合、パッキンの劣化や接続部分のナットの緩みが考えられます。

蛇口の胴体部分(スパウト)からチョロチョロ…と水漏れ

シングルレバー混合水栓の胴体部分のことを「スパウト」と呼びます。水を出しているときに、このスパウトの上や下の部分から水が漏れる症状が現れることがあります。

この場合も、一番に考えられるのはバルブカートリッジの故障です。バルブカートリッジを交換しても水漏れが直らない場合は、スパウトとほかの部分をつなぐパッキンが劣化していることが考えられます。

バルブカートリッジとパッキンを交換してもスパウトから水漏れする場合は、水栓自体を交換しなければならないでしょう。

パイプと本体の結合部からのジンワリ…と水漏れ

ハンドル混合水栓の場合、本体と吐水口パイプをつなぐ根元の接続部から水漏れすることがあります。このケースでは、結合部のパッキンの劣化が原因です。

ハンドル混合水栓のパイプは、結合部で左右に動かせるようになっています。パイプを回転させることでパッキンは摩耗するため、ほかの部分より劣化が早く水漏れを起こしやすくなります。

キッチン下の排水管からのダラダラ…と水漏れ

蛇口以外でも、キッチンのシンク下の排水管から水漏れすることがあります。シンク下の収納を開けたら、水が溜まっていて驚いた経験のある方もいるのではないでしょうか。

シンク下の排水は、上部に排水トラップがあり排水ホースがつながっています。トラップとホースはナットによって接続されていますが、ナットが緩んでいると接続部から水漏れが発生します。

また、ナットとパイプの間には、隙間ができないようにパッキンが挟まれています。このパッキンが劣化することも水漏れの原因です。

目次へ

自分でできる!バルブカートリッジの交換方法

先ほど紹介したようにシングルレバー混合水栓の水漏れでは、多くの場合バルブカートリッジの故障が原因です。バルブカートリッジは使っているうちに劣化するものなので、故障の場合は修理よりも交換が良いでしょう。バルブカートリッジは、正しい手順に従えば自分でも交換可能です。

新しいバルブカートリッジを購入

バルブカートリッジは、使用している蛇口によって種類が異なります。修理したいシングルレバー混合水栓のメーカーや型番を調べて、適切なものを入手しましょう。型番は、取扱説明書やメーカーのホームページで調べられます。

バルブカートリッジは、メーカーの公式ショップのほか、インターネットの通販サイトでも購入できます。商品によってはホームセンターでも取り扱っているので、チェックしてみると良いでしょう。

バルブカートリッジの交換

バルブカートリッジの交換手順は以下のとおりです。ただし、この方法は一例のため、実際に交換する際は説明書に従って交換することをおすすめします。

1.止水栓または元栓を閉める
2.レバー・ハンドル部分を引き抜いて外す
3.カートリッジガイドを外す
4.古いバルブカートリッジを外す
5.新しいバルブカートリッジを取り付ける
6.1~4の逆の手順で取り外した部品を戻す
7.止水栓または元栓を開けて水を流し、水漏れがないか確認する

目次へ

自分でできる!パッキンの交換方法

シングルレバー混合水栓でもハンドル混合水栓でも、パッキンの劣化により水漏れが起こっているケースも少なくありません。パッキンは消耗品です。水漏れが起きている原因箇所のパッキンを、新しいものに取り換えましょう。

新しいパッキンを購入

パッキンにはさまざまな種類があります。例えば、ハンドル下のナットに使われているのは三角パッキンです。パッキンの上部が下部よりも小さい形をしています。またパイプの根元には、金属部品も付属したコマパッキンが使用されています。

パッキンは、ホームセンターやインターネット通販で購入できます。メーカーや水栓の種類、サイズによって異なるので、交換したい部分のパッキンを確認してから買いましょう。

パッキンの交換【シングルレバー混合水栓】

シングルレバー混合水栓の水漏れでは、バルブカートリッジを交換することで改善することがほとんどです。それでも水が漏れたままであれば、パッキンも交換しましょう。分解して水漏れしている結合部のパッキンを新しいものにします。

シングルレバー混合水栓の分解方法は、先ほど解説した「バルブカートリッジの交換」と同様です。こちらも一例のため、実際に交換する際は説明書に従って交換してください。

1.止水栓または元栓を閉める
2.レバー・ハンドル部分を引き抜いて外す
3.カートリッジガイドを外す
4.バルブカートリッジを外す
5.古いパッキンを外す
6.新しいパッキンを取り付ける
7.1~4の逆の手順で取り外した部品を戻す
8.止水栓または元栓を開けて水を流し、水漏れがないか確認する

パッキンの交換【ハンドル混合水栓】

ハンドル混合水栓の場合、水漏れの原因の多くはパッキンの劣化です。パッキンは消耗品なので、三角パッキンとコマパッキンのどちらが水漏れの原因か分からない場合は、両方交換しても良いでしょう。

分解の基本的な手順は以下のとおりです。詳しくは説明書に従って交換しましょう。

1.止水栓または元栓を閉める
2.ハンドル上部の中心に付いているカラーキャップをキリや精密ドライバーを使って外す
3.カラーキャップ下にあるネジをドライバーで緩める
4.ハンドルを取り外す
5.ナットを外す
6.古い三角パッキン・コマパッキンを外す
7.新しい三角パッキン・コマパッキンを取り付ける
8.1~4の逆の手順で取り外した部品を戻す

目次へ

自力で難しい場合は業者へ依頼する

バルブカートリッジやパッキンの交換は、部品を購入すれば自分でも可能です。しかし、水栓の分解にはある程度の工具が必要なうえ、慣れていないと説明書の用語も分かりにくいかもしれません。

自分でするのは不安、分解している途中で分からなくなった、交換したけど水漏れが改善しない、という場合は業者に依頼すると安心です。

おうちの御用聞き家工房では、キッチンの水漏れ修理にも対応しています。高い技術を持ったスタッフによる、水栓交換をはじめとした水漏れ修理に関して豊富な実績があります。

また水漏れ以外にも、家に関するトラブルであれば小さなことでも相談を受け付けています。電話一本で最短即日にご自宅へ伺いますので、「相談しても良いのかわからない」と感じているような些細な悩みでもお気軽にご連絡ください。

目次へ

まとめ

キッチンで使われている蛇口には、シングルレバー混合水栓とハンドル水栓の2種類があります。それぞれ水漏れの原因となりやすい部品があるため、蛇口を分解して部品の交換を試してみましょう。

部品交換は自分で行うことも可能ですが、作業に少しでも不安がある場合や交換しても改善しない場合は、業者に依頼すると安心です。