ハウスクリーニングとは!清掃はどこまでやってくれる?

近年は共働き夫婦の増加や超高齢化社会など、さまざまな事情によって家事に時間を割くことが難しくなっています。家電を利用すればある程度は解消できますが、こまかな部分はやはり人の手に頼らなくてはなりません。 そのような現代人の悩みを解消する方法のひとつが、ハウスクリーニングです。家事代行とは異なるプロの技が、注目を集めています。 ここでは、ハウスクリーニングのサービスの特徴や、依頼できる範囲などを、実際に利用するときのポイントとともに紹介します。


この記事は約7分で読み終わります。

ハウスクリーニングとは、住宅の清掃サービスのこと

ハウスクリーニングとは、その名のとおり個人の家をプロの技術で清掃してくれるサービスのことです。似たようなサービスに家事代行サービスがありますが、家事代行はあくまで家事レベルの仕事を代行してもらうもので、ハウスクリーニングと同じとはいえません。

専門業者が専用の道具や洗剤を使用し、普段は手の届かない場所も清掃してくれるのがハウスクリーニングです。

一般的なものでいえば、賃貸物件の退去後に行われることが多いサービスです。

ハウスクリーニングの作業内容はどこまでも

ハウスクリーニングは、基本的に家中のどこでも掃除を引き受けてくれます。もちろん料金プランによって清掃箇所やサービス内容は変わりますが、業者によっては以下の箇所もサービス対象です。

・エアコンなど分解が必要な家電
・換気扇など重度の汚れがつく場所
・排水溝の奥など手が届きにくい場所

専門性の高いクリーニング研修を受けたスタッフが担当するため、分解をともなう作業でも安心して依頼できます。

また、エアコンの場合は防カビ処理、水回りは除菌、床は艶出しなどクリーニングする場所によってさまざまなオプション追加も可能です。(内容は業者ごとに異なります)

どんな人が依頼するのか

ハウスクリーニングを一般家庭が利用するのは贅沢、というイメージは、現代では古いものとなっています。忙しい現代人だからこそ、生活のクオリティを維持するために賢くサービスを活用することが必要です。

実際にハウスクリーニングを利用している方は、たとえば以下のような特徴・要望を持つ方があげられます。

・掃除自体が苦手(でも部屋が汚れるのは耐えられない)
・細かい部分まで徹底的に清潔にしたい
・忙しくて掃除にまで手が回らない
・体力的に毎日の掃除が厳しい

共働きや一人暮らしで掃除する時間が取れない方のほか、高齢者など体力的に毎日の掃除を丁寧にすることが難しい方がハウスクリーニングに依頼しています。

目次へ

ハウスクリーニング業者をお探しの際には

床掃除や窓の拭き掃除は手軽なアイテムを活用する方法もありますが、排水管の洗浄など手軽にはできない掃除も多くあげられます。無理に自力で掃除して中途半端な仕上がりになるよりも、専門業者へ依頼してスッキリと清潔に仕上げてはいかがでしょうか。

「おうちの御用聞き家工房」では、人気のハウスクリーニングをはじめ、さまざまな要望に対応しています。どんな小さなご依頼でも、まずはお気軽にご相談ください。高い技術と豊富な知識を持つスタッフが、誠心誠意で柔軟に対応しています。また急なご依頼でも最短即日でおうかがいいたします。

目次へ

ハウスクリーニングを利用するときの流れ

専門業者に依頼すること自体に、ハードルの高さを感じている方も多いのではないでしょうか。妙に料金の高い業者に当たったらどうしよう、と不安を抱く方もいます。

トラブルを防止して満足のいくサービスを受けるためには、ハウスクリーニングをどのような流れで利用するのか、あらかじめ知っておくことが大切です。

この項目では、ハウスクリーニングを利用するときの主な流れについて紹介します。

1.業者を選ぶ

まずはハウスクリーニングを依頼する専門業者選びから始めます。業者によって料金やプラン内容はもちろん、見積もりや申込み手順なども異なるため、事前に公式サイトやチラシで確認しておきましょう。

多くの業者では、事前に訪問したうえで見積もりを行います。問い合わせ当日に見積もりに来てくれる場合もありますが、混雑時や繁忙期は日時指定をして後日に訪問してくれるケースが大半です。

見積もりしてもらった当日中に、必ずしもサービスを申し込まなくてはならない決まりはありません。複数の業者で相見積もりを取り、対応・料金・サービス内容などを総合的に評価して依頼する業者を決めることをおすすめします。

2.プラン・日時を指定して申込み

部屋の状態や要望、作業内容を参考に、見積もり価格が提示されます。業者によっては作業日当日に理由をつけて追加料金も請求することがあるため、追加料金の可能性はないか、料金内訳に不審な点はないか確認しましょう。

予算に合わせてプランを決めたら、日時を調整して申し込みします。作業スタッフのスケジュールに空きがあれば、業者によっては当日にクリーニングを希望できることもあります。

3.申込み受付・事前連絡

訪問見積もりでそのまま申し込みに進むケースを除くと、電話での見積もりを行った場合や後日改めて申し込む場合は、手続きのために担当者が訪問してくれます。プランの詳細を確認して納得したら申込書に記入し、改めて作業日の予約を入れましょう。

業者によっては作業日が近づいたときや当日に、サービス利用について事前連絡をしてくれるところもあるため、忘れずに済みます。ハウスクリーニングは立ち会い確認が必要となるため、当日は事前連絡が来たら家で待機しておきましょう。

4.当日、クリーニング作業

作業担当スタッフが訪問し、プランや作業内容について説明した後、いよいよクリーニング作業の開始です。作業内容によってはベランダや浴室など作業場所以外を利用することもあります。

たとえばエアコンのクリーニングの場合、カバー部分を洗浄するために浴室を利用する業者の例は多くあげられます。

注意点は、素材や汚れの状態によっては元通りに完全にクリーニングできるとは限らないことです。クリーニングしても汚れが多少残ったり、傷がついたりする可能性があるときは、事前に担当者から説明があります。

5.立ち会い確認

作業完了後は、立ち会い確認で要望どおりの仕上がりとなっているかチェックします。見るポイントは、以下のとおりです。

・説明通りに汚れが落ちているか
・傷や汚れが残る場合は、事前説明のとおりか
・希望したとおりの作業内容か
・洗浄した後の機能に問題はないか

エアコンなどは、実際に稼働させて仕上がりを確認しましょう。契約プランに含まれない作業を勝手に行い、追加料金を請求する悪徳業者もいるため、必ずプラン内容と照らし合わせてください。

目次へ

ハウスクリーニング業者の選び方

ハウスクリーニング業者を選ぶときは、誠実な業者かどうかに加え、技術面も重視しなければなりません。料金の安さだけで申し込むと、サービス対象外の項目が多かったり、仕上がりがプロとは思えない残念な結果になったりする可能性があるためです。

ここでは、ハウスクリーニング業者の選び方を紹介します。

ハウスクリーニングと家事代行との違い

前述のとおり、ハウスクリーニングと家事代行の掃除サービスは、違いがあります。業者によっては同じサービスを提供していることもありますが、トラブルを防止するためにも、あらかじめ違いがあることについて理解しておきましょう。

詳細は業者によりますが、ハウスクリーニングと家事代行の違いは以下のとおりです。

家事代行

家事代行の特徴は、比較的安価な料金で日常の掃除を代行してくれることです。プロ知識を有するスタッフというよりは家事を得意とするスタッフが多く、一般家庭レベルのサービスが提供されます。

洗剤や道具などは訪問するお客様のものを使用し、特別なアイテムを使うことはほぼありません。そのため、普段から掃除をある程度している方の利用に向いています。

ハウスクリーニング

専用の道具や洗剤を使用することの多い、プロ仕様のクリーニングサービスです。高圧洗浄機など、特殊な機械でなければ難しい汚れを取り除いてほしいときは、ハウスクリーニングの活用を検討してはいかがでしょうか。

新築に近い仕上がりをモットーとしている業者もあり、特別なお客様を迎えたいときや半年・一年ごとに行う大掃除のときに最適です。

プロの技が自慢のため高額傾向が見られますが、自力では除去できない汚れもしっかりと落としてくれます。

どのような基準で選べば良いのか

ハウスクリーニング業者選びは、さまざまな点で評価したうえで慎重に行いましょう。ただし、最終判断は人によって以下のように異なります。

・とにかく料金を抑えたい方…予算面を重視
・安心できる業者に任せたい方…大手企業など知名度を重視

業者のクチコミや評判は、できる限り確認しておきましょう。また、見積もりの可否や方法(訪問か電話か)、基本料金の範囲などは、直接問い合わせて確認するほうが確実です。

目次へ

まとめ

ハウスクリーニングは、普段は手の届かないような箇所も徹底的に洗浄してくれます。プロの技術と専用の洗剤で作業するため家事代行よりも高額となりますが、料金に見合った仕上がりとなります。

特別な日の大掃除や季節の変わり目など、家の中を丸ごとピカピカにしたい方は、ハウスクリーニングの利用をぜひ検討してみてください。

まずは見積もりでしっかりと料金とサービス内容の確認から始めましょう。