「雨戸の音がうるさい…!」3つの原因と改善策を紹介!

経年劣化によって雨戸が異音を発するようになると、人によっては「うるさい」と感じますよね。 特にお隣の建物との距離が近い場合、早朝や深夜の開け閉めが騒音トラブルに発展する可能性も考えられるため、早急な対処が必要です。また、雨戸の開け閉めをしなくても音が鳴る場合もあるでしょう。 ここでは、そんな雨戸のうるさい音に悩まされている方へ、具体的な対策方法を紹介します。原因によっては雨戸の交換をする必要がない場合もあるため、ぜひ参考にしてみてください。


この記事は約7分で読み終わります。

雨戸がうるさい主な原因3つ

雨戸のうるさい音を解消するためには、まず正しい原因を知ることが重要です。最初に原因をはっきりさせなければ、誤った対処法で音が大きくなったりサッシや窓ガラスの破損につながったりする可能性があります。

雨戸がうるさい音を発する主な原因は、次の3つです。

戸袋に隙間がある

そもそも戸袋とは、雨戸をまとめて収納する箱型のスペースのことを指します。最初は丁度良いスペースだった戸袋内も、経年劣化によって戸袋を留める釘などがゆるみ、隙間ができてしまいます。

風が強い日なんかに戸袋の中へ風が吹き込み、吹く風の振動で雨戸と戸袋がぶつかり合い、ガタガタと音を立てる。使用していない雨戸が音を立てる大きな原因は、この戸袋にあると思われます。

隙間が大きかったり風が強かったりするほど、音は大きくなるでしょう。また、雨戸を十分に収納できていないときも隙間が生じ、音が出ることがあります。

窓との間に隙間がある

雨戸が風で振動したときに、内部の窓ガラスやサッシとぶつかることで音を立てる場合があります。これは窓と雨戸の間に生じる隙間によるものです。

地震など大きな災害で建物自体が歪んでいるケースもありますが、心当たりがない場合は雨戸の経年劣化も考えられます。

戸袋だけではなく、雨戸や窓ガラス、サッシなども経年劣化によってゆるみが生じる部分でもあります。雨戸の設置や建物の新築時から相応の年月が経過しているのであれば、一度メンテナンスを検討してはいかがでしょうか。

戸車やレールの不具合

雨戸を開け閉めするときに限って音が生じるのであれば、戸車やレールに不具合が起きているかもしれません。

戸車とは、戸のレールと接する面に設置する小さな滑車のような部品のことです。この戸車が取り付けられることによって、雨戸や窓ガラス、サッシなどの引き戸がスムーズに開け閉めできるようになるのです。

開閉時の音は、経年劣化によって戸車が上手く回転しなくなった結果、レールとの摩擦が起こり、雨戸自体の動きが悪くなったことが原因です。

戸車が問題なく回転していても、レールが消耗していたりゴミが溜まっていたりすると動きが悪くなるため、同じく音のトラブルが生じることがあります。

目次へ

雨戸がうるさいときの対策4つ

雨戸の音がうるさくなる原因が分かったら、次は対処方法を選びましょう。ほとんどが経年劣化による隙間や部品の異常などが原因でも、雨戸そのものを交換しなくてはならないということもあります。

ですが手軽な方法で対処できる場合もあるので、試す価値は十分にあるかと思います。4つの対策方法があるので、紹介します。

隙間を緩衝材で埋める

「雨戸と戸袋」あるいは「雨戸と窓ガラスやサッシ」それぞれの間に隙間ができているケースは、隙間を緩衝材で埋めるだけで音を軽減できます。

身近なもので手軽に対処したい場合はビニール袋や段ボールなどを詰める方法もありますが、より弾力性のあるもので対策したいときは以下の緩衝材もおすすめです。

・発砲スチロール
・スポンジ
・ゴムパッキン

適度なサイズにカットして、雨戸との隙間に挟みましょう。狭い部分に挟むときは、ヘラを使用して押し込むとしっかり奥まで入ります。緩衝材は全体的に入れる必要はなく、一定間隔に複数箇所挟む程度で十分です。

緩衝材を挟む場所は、雨戸とサッシの間のみにするよう注意が必要です。ガラスと接する部分に無理に挟んでしまうと、風で雨戸が振動したときに圧がかかり、ガラスが割れるおそれがあるからです。

戸車とレールを手入れする

雨戸の開け閉めで音が出る場合は、戸車とレール部分の手入れをすることで解決できる可能性があります。

戸車とレールそれぞれの汚れやゴミを取り除き、潤滑性を上げるためにシリコンスプレーを吹き付けておきましょう。

戸車そのものが経年劣化で変形などを起こしているのであれば、調整したり戸車部分のみを交換したりする方法もおすすめです。

ホームセンターやメーカーのホームページなどで戸車部分のみ販売しているため、DIYが得意な方は自力で交換することも不可能ではありません。

ただし戸車は、メーカーや型番ごとに異なる形状をしている点に注意しましょう。型番がわからない場合は自力で対処せず、業者へ頼ることをおすすめします。

ガラス窓の防音対策をする

北海道など一部の地域では二重サッシや複層ガラスが一般的ですが、その他の地域では従来の窓やサッシを使用している物件も多いでしょう。

二重や複層ではないのであれば、ガラス窓部分に防音シートを貼る方法も効果的です。

防音シートとは、透明で窓に貼り付けられるシールタイプの防音グッズです。部屋の内側から必要なときのみ設置できる防音ボードもありますが、防音シートに比べ高価になりやすいので注意してください。

長期的な対策を施したい方は、思い切って二重サッシに交換する方法もおすすめです。より高い防音効果が期待できます。

雨戸を交換したほうが良い場合も

雨戸自体の経年劣化が原因の場合は、隙間を埋めたり戸車のみを交換したりしても、根本的な解決にはなりません。雨戸自体が歪んでいると、上記で紹介した対策を施しても開け閉めするだけで音が発生します。

経年劣化が著しい雨戸は、大きな事故やトラブルを引き起こす可能性もあります。そうなる前に、早めの交換を検討してはいかがでしょうか。

以前と似たタイプを設置するのも良いのですが、おすすめは電動シャッターです。初期費用はかかりますが、電動シャッターは動作音も静かで雨戸よりも丈夫なため、防犯性を高めることもできます。

目次へ

自分で対策できないときは?

先に紹介した対策方法の中には、自力で実行できるものも含まれています。しかし中には「失敗して余計に壊したくない」「高い位置で手が届かない」と、自分で対策できない人もいるでしょう。

プロの業者に依頼する

失敗が不安な方や自分で対策できない方は、無理をせずプロの業者に依頼することをおすすめします。プロの業者に依頼すると、以下のメリットがあります。

・素早く原因を特定してくれる
・原因に合った対策をしてくれる
・難しい作業や危険な作業も代行してくれる

プロの業者は専門知識やこれまでの経験に基づいて、素早く原因を特定してくれます。きちんと原因を把握したうえで最適な対策方法を考えてくれるため、無駄がありません。

雨戸や窓ガラスの交換など、難しい作業や危険な作業も任せられる点は、DIYが苦手な方にとって大きなメリットです。

雨戸のトラブルは「おうちの御用聞き家工房」へ

「雨戸がうるさい」、「スムーズに開け閉めできない」などのトラブルは、おうちの御用聞き家工房へぜひご相談ください。

おうちの御用聞き家工房は、電話一本で最短即日に伺えるため、台風や大雨に備えて早く対処したいという方にも最適です。

最初に住宅の構造を熟知したスタッフが、現地の状況を確認したうえで見積もりを提示し、ご納得いただいたうえで施工に入ります。

また、雨戸の調整や交換だけではなく、おうちのあらゆる困りごとを解決できます。庭木の剪定やハウスクリーニング、リフォームなど、どんなお悩みもまずは「おうちの御用聞き家工房」にご相談ください。

目次へ

まとめ

最近になって雨戸がうるさいと感じるようになったなら、経年劣化や故障など、なんらかの異常が生じている可能性があります。放置は近隣の迷惑になり、睡眠の妨げにもなるため、早急な対処がおすすめです。

雨戸がうるさいときの対処法は手軽にできるものもありますが、状況によっては本体ごと交換する必要もあります。原因が分からない方や自力では対処できないという方は、まず「おうちの御用聞き家工房」へご相談ください。

専門知識と経験豊富なスタッフが電話一本でお伺いします。