【箇所別】お風呂の水漏れ原因と自分でできる修理方法

家庭の水漏れのなかでも、特に注意すべきはお風呂です。原因箇所が多く、放置しているとあっという間に水道代がかさみ、大きな故障につながりかねません。 今回は、お風呂場の水漏れの原因や対処法を詳しく解説していきます。


この記事は約6分で読み終わります。

蛇口から水漏れしている場合

最初に、お風呂場の蛇口から水漏れしている場合の原因と対処法を紹介していきます。

蛇口は水道管にダイレクトにつながっていて、大きな水圧がかかる部位です。蛇口からポタポタ水が垂れる、金属の継ぎ目部分からじわじわ水が染み出している場合は、速やかに水漏れに対処しましょう。

原因

蛇口まわりの水漏れの原因で多いのは、パッキンの劣化です。

パッキンは金属部品の隙間からの水漏れを防ぐ重要なパーツで、蛇口のさまざまな部位に使われています。ゴム製で劣化が早い部品なので、蛇口からの水漏れでは一番先に確認してください。

そのほか、蛇口を止めているボルトやナットが水圧や振動で緩み、水漏れを起こしているケースも多いです。

蛇口そのものの劣化も、水漏れの原因にあげられます。蛇口の寿命は、10年程度といわれています。設置してから年数がたっている場合は、蛇口そのものを交換することも検討しましょう。

対処法

水漏れの原因がパッキンの劣化である場合は、新しいパッキンに交換して修理が可能です。身近なホームセンターや蛇口メーカーの通販サイトで購入できるため、同じ規格のパッキンに交換をしましょう。

ボルトやナットが緩んでいる場合は、スパナなどを使って締め直すと水漏れを止めることができます。

パッキンの交換やパーツの締め直しはご家庭でも応急対処ができるものの、症状が改善しない場合は、蛇口そのものの交換を修理業者に依頼すると良いでしょう。

目次へ

シャワーから水漏れしている場合

シャワーから水漏れしている場合の原因と対処法を解説します。

シャワーはもともと、ホースに水が溜まりやすい構造をしています。ヘッドを傾けたときに少量水が出てくる程度なら、問題はありません。

しかし、水栓を閉めた状態でもシャワーヘッドから水がポタポタ垂れてくる、ホースや継ぎ目から水が染み出している場合は、水漏れの対処が必要です。

原因

シャワーまわりの水漏れの原因で多いのは、シャワーヘッドの劣化や取り付けの緩みです。

勢いのある目の細かいシャワー水を作るために、ヘッド部分にはかなりの水圧がかかっています。水圧や振動でネジが緩んだり、内部のパーツが破損したりしていないか確認しましょう。

ただし、シャワーヘッドを動かしたときに出てくる少量の水は、ホースに溜まっていた残留水です。すぐに止まるなら水漏れではないため、しっかり見分けてください。

そのほか、ホースの破損も水漏れの原因のひとつです。

対処法

シャワーヘッドから水が垂れてくる場合は、一度ヘッドを上向きにしてみてください。ヘッドから出てくる水が多くなく、すぐに止まるなら残留水なので問題はありません。

上向きにしても水が漏れてくる場合は、ヘッドの劣化や破損が疑われます。シャワーヘッドを新しいものへ交換して、修理をするといいでしょう。

取り付け部の緩みは締め直すことで改善できるものの、シャワーホースに穴が開いている、割れているなど、破損している場合は補修難しいです。

ホースの破損による水漏れは、新しいものに交換して修理をしてください。

目次へ

浴槽から水漏れしている場合

次に、お風呂の浴槽から水漏れする場合の原因と対処法を紹介します。

浴槽は大容量の水を貯えるために頑丈に作られているものの、水漏れすることがあります。浴槽の水漏れは気が付きにくいため、貯めたはずの水が不自然に減っている場合は、水漏れを疑ってみることをおすすめします。

原因

浴槽からの水漏れの原因で考えられるのは、まず浴槽の経年劣化や破損です。浴槽にひび割れができていないか、確認をしてみてください。

そのほか、浴槽の排水栓や給湯器につながる給排水口まわりの劣化でも、水漏れが起きることがあります。

原因箇所が判別できない場合は、一度浴槽に水を貯めて、スポンジなどを水面に浮かべてみてください。スポンジが移動してとどまった場所が、水漏れの原因箇所と考えて良いでしょう。

対処法

水漏れの原因が浴槽の破損であれば、ひび割れた部分を接着剤や水中用ボンドで補修することで改善が期待できます。

ただしこれはあくまでも応急処置です。浴槽自体が劣化していれば、またひび割れる可能性が高いため、後日新しい浴槽に交換することを検討してください。

ゴム素材の排水栓が劣化し、形が変わって水漏れが起きている場合は、排水栓を新しいものに交換して対処しましょう。排水栓は規格品なので、排水口の規格に合ったものを調べて購入してください。

給湯器は精密機器のため、ご家庭で修理はできません。給湯器まわりの劣化・破損で水漏れが起きている場合は、早い段階で専門業者に問い合わせることをおすすめします。

目次へ

換気扇から水漏れしている場合

最後に、お風呂の換気扇から水漏れしている場合の原因と対処法を紹介していきます。

お風呂場の天井からポタポタと水が垂れてきたら、それは換気扇からの水漏れの可能性があります。意外な場所からの水漏れにも注意をしましょう。

原因

お風呂場の換気扇からの水漏れの原因は、主に換気扇の経年劣化や破損によるものです。

タイプや商品にもよるものの、一般的に換気扇の寿命は10~15年といわれています。古くなると内部が錆びて換気がスムーズにできなくなり、冷えた水蒸気が水に戻って天井から垂れてきます。

また換気扇まわりの壁面にひびが入って雨水が吹き込み、ダクトの故障で結露水が逆流したことで水漏れが起きるケースもあります。

対処法

換気扇から水漏れする場合は、一度換気扇を分解して掃除をすることをおすすめします。まわりに溜まった結露や雨水をふき取れば、水が垂れてくるのをかなり改善できますよ。

ただし錆がひどいときやパーツが劣化して破損している場合は、ご家庭では対処できません。換気扇の寿命が水漏れの原因の場合は専門業者に相談して、修理や交換を検討してください。

目次へ

原因がわからない、修理に不安があるときは

お風呂場の水漏れの原因が分からないとき、ご家庭での修理に不安がある場合は、お風呂の水漏れに詳しい業者に相談をするのが解決の早道です。

素人では判別がつかない水漏れ箇所でも、水回りの修理のプロなら原因を特定するのもスピーディー。工具やスキルも豊富なので、安心して水漏れ修理を任せられますよ。

「おうちの御用聞き家工房」なら、電話一本で即日、お風呂の水漏れ修理に対応可能です。

お風呂場は毎日使うものだけに、業者に修理を依頼してもすぐに来てくれなければ不便ですよね。その点、おうちの御用聞き家工房はお客様からのご依頼に迅速・丁寧にすることをモットーとしています。

お風呂場の水漏れ修理の実績も豊富です。蛇口や水栓の交換をはじめ、換気扇の分解掃除まで、専門スタッフが幅広いニーズにお応えします。

違和感はあっても本当に水漏れが起きているのか判断できず、業者を呼ぶのを迷っているという方も、どうぞお気軽にご相談ください。おうちの御用聞き家工房は地域に密着し、電球交換から大規模なリフォームまで、幅広いご要望に柔軟に対応いたします。

おうちの御用聞き家工房の取扱いのメニューは多岐にわたり、どんな些細なトラブルでも解決に向けて取り組んでいます。お風呂場の水漏れに困ったら、ぜひ家工房にご相談ください。

目次へ

まとめ

お風呂の水漏れはご家庭でも対処できるものの、原因は多岐にわたり、判断が難しいケースは多いです。

修理が不安な場合は水まわりの修理の専門業者に相談をして、早めの対処を心掛けてください。