シャワーの水漏れ!原因と対策を箇所別にご紹介

「シャワーを止めても水がポタポタと落ちてくる」「レバーはしっかり締まっているのに水が止まらない」そんなときは、シャワーから水漏れが発生しています。 シャワーから水が止まらなくなると、どのくらい修理費用がかかるのか不安になりますよね。しかし、簡単な水漏れであれば、自分で修理することができます。 この記事では、シャワーの水漏れ原因と自分でできる修理方法をご紹介します。費用をかけずに水漏れを直したい人は、ぜひ参考にしてみてください。


この記事は約10分で読み終わります。

【箇所別】シャワーの水漏れ原因4種類

仕事から帰ってきてお風呂に入った後、シャワーを閉めても水がポタポタと落ちて止まらなくなってしまったという経験はありませんか。

疲れて帰ってきてゆっくり休もうとしていた矢先のトラブルに、ガッカリしてしまった人も多いのではないでしょうか。

しかし、シャワーの水漏れは簡単な修理で直すことができます。まずはどこから水が漏れているか確認し、原因を特定していきましょう。

1.シャワーヘッドから水漏れ

シャワーヘッドから水が漏れている場合は、シャワーヘッドの内部に残った水が漏れ出ている可能性があります。

シャワーヘッドを上に向けて水が止まればこれが原因ですので、修理の必要はありません。

しかし、シャワーヘッドを上に向けても水が止まらない場合は、水栓内のバルブが劣化しているか損傷している恐れがあります。

この場合は、新しいバルブに交換すると水漏れが直るでしょう。

2.シャワーヘッドの根元から水漏れ

シャワーヘッドの根元から水漏れが起きている場合は、パッキンの劣化が原因の可能性があります。

根元部分を外してパッキンを確認し、劣化しているなら新しいパッキンに交換しましょう。

パッキンが劣化していない場合は、シャワーヘッド本体の劣化が考えられます。この場合はシャワーヘッド本体を交換しなければ水漏れを止めることはできません。

3.シャワーホースから水漏れ

シャワーホースから水漏れしている場合は、ホースの劣化が原因です。ホースに穴が開いたりさけたりしていないか確認してみてください。

シャワーホースからの水漏れを止めるためには、穴が空いたりさけたりしている部分にシールテープ(防水テープ)を巻き付けます。しかし、この方法はあくまでも応急処置ですので、しっかり直したい場合は新しいシャワーホースに交換しましょう。

4.水栓から水漏れ

水栓まわりからの水漏れは、パッキンや開閉ユニットの摩耗が主な原因として考えられます。

接合部分を密閉するパッキンには常に強い水圧がかかるため、劣化しやすいパーツです。また水流を調整する開閉ユニットは頻繁に使うことで摩耗しやすく、どちらも水漏れの原因になりやすい傾向があります。

パッキンや開閉ユニットの劣化は、部品を交換すれば通常どおりに使えます。ただし水栓を分解するには、ある程度の知識と技術が必要です。

目次へ

修理業者を呼ぶ前に!自分でできる箇所別の修理方法と応急処置

シャワーまわりで水漏れしたら、まずは自分で修理ができるか試してみてみましょう。軽度なら、ご家庭でも水漏れの修理ができます。

シャワーの水漏れは、ご家庭のDIYの範囲で修理できるケースが多いです。水漏れの原因に応じて対処しましょう。

水漏れ修理をする場合は、水栓と水道管の継ぎ目にある止水栓をマイナスドライバーで回し、水道管からの水の流れを止めてから作業を始めます。止水栓が固まっていて閉められない場合は、屋外に設置されている元栓を閉めてください。

シャワーヘッドから水漏れしている場合

シャワーヘッドから残留水を抜いても水漏れが改善しない場合は、新しいシャワーヘッドに交換しましょう。

シャワーヘッドは、ホームセンターでも購入できます。水栓のメーカーとモデルを確認してから、適合する商品を選びましょう。水栓とシャワーヘッドでメーカーが異なる場合でも、専用のアダプターを使って取り付けできるものも多いです。

止水栓を止めたら、次の手順で作業をしてください。ゴム手袋があると手が滑らず、シャワーヘッドが外しやすくなります。

1. シャワーヘッドを反時計方向に回し、ホースから取り外す
2. 必要があればパッキンやアダプターを交換する
3. 新しいシャワーヘッドをホースに取り付ける
4. 止水栓を開けて水を流し、水漏れがないか確認する

シャワーヘッドの根元から水漏れしている場合

シャワーヘッドに問題がなく、根元から水漏れしている場合は、劣化したパッキンの交換をすると改善する可能性があります。

パッキンはホームセンターで購入できます。いろいろな種類やサイズがあるため、購入前に取り付け部分を確認して、適合するものを選びましょう。

適合しないパッキンを取り付けると、かえって故障してしまうケースがあります。不安な場合は実物を取り外してお店に持って行き、サイズの確認をしてください。

パッキンの交換方法は、以下のとおりです。

1. シャワーヘッドを反時計方向に回し、ホースから取り外す
2. ヘッドの取り付け金具の中にあるパッキンを取り外し、新しいものと交換する。カルキ汚れで固着している場合は、ラジオペンチを使って取り外してください
3. シャワーヘッドをもとに戻し、ホースに固定する
4. 止水栓を開けて水を流し、水漏れがないか確認する

パッキンはシャワーヘッドとホースの接合部分のほか、ホースと水栓の接合部分にもあり、同じ方法で交換できます。シャワーを使い始めてから年数が経っている場合は、あわせてパッキンのメンテナンスをしておきましょう。

シャワーホースから水漏れしている場合

ホースには強い水圧がかかり、日常的に曲げたり伸ばしたりすることで、劣化しやすいパーツです。シャワーホースに亀裂や穴があいて水漏れしている場合の修理は、ホース自体を交換しましょう。

ホースも身近なホームセンターで購入できるため、現在取り付けているものと同じ直径のホースを用意してください。

シャワーホースの交換は、次の手順で進めます。ホースは水栓にナットで固定されているため、ナットを外すレンチを用意しましょう。

1. シャワーヘッドを反時計方向に回し、ホースから取り外す
2. 水栓との接合部分のナットをレンチで緩め、ホースを取り外す
3. 新しいホースを水栓に固定し、ナットを締める
4. シャワーヘッドをもとに戻し、ホースに固定する
5. 止水栓を開けて水を流し、水漏れがないか確認する

水栓から水漏れしている場合

水栓から水漏れしている場合は、開閉バルブに原因があるケースが多いです。この場合はバルブを交換して修理をするか、新しい水栓にまるごと交換するか、2つの方法があります。

どちらも知識と技術が必要で、手間がかかります。作業中に部品を壊したり、交換品のサイズが合わなかったりするリスクもあるため、不安な場合は業者に依頼することをおすすめします。

とはいえ、ご家庭で修理すれば部品代だけで済むのは大きなメリットです。DIYで修理するのであれば、次の手順で修理をしてください。

■開閉バルブの交換手順

1. 水栓のハンドル取り付け部分にマイナスドライバーを差し込み、ハンドルを引っ張って外す
2. シャワーの表示がついたリングを外す
3. 固定しているナットを反時計回しで取り外す。固着している場合はプライヤーを使いましょう
4. 白色のスペーサーを引き抜く
5. 水栓から開閉バルブを引き抜く
6. 新しい開閉バルブを差し込み、スペーサー、ナット、ハンドルをもとに戻す
7. 止水栓を開けて水を流し、水漏れがないか確認する

■水栓の交換手順

1. 屋外に設置されている元栓を閉める
2. レンチを使って左右の水栓とクランクアームの接合部分のナットを回し、水栓を取り外す
3. 壁に固定された左右のクランクアームを、反時計方向に回して取り外す。このとき、何回転で取り外せるか覚えておきましょう
4. アームが外れたら水道管の汚れを取りのぞく
5. 温水・冷水の表示に注意し、シールテープを巻いてからクランクアームをもとに戻して固定する
6. 水平になるように水栓を取り付け、ナットで固定する
7. 元栓を開けて水を流し、水漏れがないか確認する

テープを使って応急処置

じわじわ漏れる、ポタポタ垂れる程度の水漏れであれば、防水テープを使って応急処置ができます。応急処置が終わったら、できるだけ早めに水回りの修理業者に相談しましょう。

防水テープはいくつかの種類があり、水漏れの原因箇所や程度によっても使えるテープが異なります。水栓の接合部分から水漏れしている場合は、パーツのネジ山やバルブの先端に巻いて補修する、シールテープを活用しましょう。

1. プラスドライバーで水栓の切り替えバルブのネジを緩め、ハンドルを取り外す
2. 切り替えバルブを引っ張って取り外す。固着している場合は溝にマイナスドライバーを差し込み、てこの原理で外しましょう
3. 汚れを落としてから、ネジ山や切り替えバルブの先端にシールテープを2~3回巻き付ける
4. 切り替えバルブを水栓に差し込み、ハンドルやネジをもとに戻す
5. 止水栓を開けて水を流し、水漏れがないか確認する

シールテープは、シャワーホースに亀裂ができたときの応急処置にも使えます。身近なホームセンターで購入できるため、ご家庭の工具箱に1本備えておくと重宝します。

目次へ

「シャワーの水漏れを依頼する!」修理業者の正しい選び方

自分で修理をしても水漏れが直らなかったら、修理業者に連絡しましょう。

ここでは、水漏れ修理業者に依頼すべき場合と選び方をご紹介します。

そもそも修理業者に頼むべきか判断する

修理をご家庭でするか、それとも修理業者に依頼するかは、水漏れの原因や程度で判断します。

ご家庭で直せる範囲でも、保証期間内の場合は無償で修理してもらえるため、自分で修理する前に保証期間を確認すると良いでしょう。

自分で修理できるか確認する

ご家庭で対処できる修理は、あくまでも軽微な水漏れです。ポタポタ、じわじわ水漏れする程度なら対処できるものの、水漏れする量や勢いが激しい場合は早めに修理業者に依頼する必要があります。

ネジやナットを締める、消耗品の交換程度ならご家庭でも対処できますが、無理に修理をして逆に水栓まわりを壊してしまうケースは多いです。原因がはっきりと特定できないとき、修理に自信がない場合は、修理業者に依頼することをおすすめします。

メーカーの保証期間内か確認する

シャワーや水栓が保証期間内であれば、無償で修理してもらえますので、メーカーに問い合わせてみてください。もしくは、自宅を建ててくれたハウスメーカーや工務店に、アフターメンテナンスを手配するという選択肢もあります。

ただし、メーカーの標準保証は1~2年が一般的で、延長保証が付いていると5年や10年の場合もあります。説明書に書かれている保証期間を確認し、問い合わせてみてください。

残念ながら保証期間を過ぎてしまった場合や、自分で修理する方法がわからない、自分で修理しても解決しない場合は、お近くの修理業者に依頼をしましょう。

ただし、早朝や深夜の時間帯に対応してもらうと割増料金になるところが多いので、業者のサイトをよく確認してから連絡してください。

シャワー修理の料金相場を把握しておく

修理業者の中には、法外な修理料金を請求してくる悪徳業者が存在します。突然水漏れが起きるとパニックになってしまい、請求された料金をそのまま払ってしまうケースは少なくありません。

一般的な修理料金の費用相場を知っていれば、急なトラブル時でも落ち着いて対処できますので、この機会にぜひ覚えておいてくださいね。

・シャワーヘッドの本体相場:3,000~8,000円程度
・修理費用:4,000円程度

・水栓本体の相場:12,000~35,000円程度
・修理費用:8,000~12,000円程度

水栓本体の費用は、2ハンドル混合水栓かサーモスタット式水栓かで異なります。

また、この費用相場は2020年8月時点のものです。
時代の流れとともに費用相場も変化していきますので、参考価格として覚えておいてください。

費用相場を正しく知りたい場合は、複数の業者に見積もりを依頼してみてください。費用相場だけでなく、サービス内容や料金も比較できるでしょう。

業者に見積りを依頼するときは、見積料や出張費が無料かどうかも確認してください。見積りの明細の中にわからないことがあれば、担当者にどんどん質問してみましょう。

費用の安さだけでなく納得のいく修理を行ってくれる業者を選ぶことで、安心して修理を任せられますよ。

目次へ

シャワーの水漏れ修理なら「おうちの御用聞き家工房」がおすすめ!

シャワーの水漏れ修理なら、「おうちの御用聞き家工房」におまかせください。

家に関するトラブルであれば、どんな些細なことでも相談を受け付けております。たとえば、「トラブルなのかわからないけど、ちょっと見てくれない?」といった内容でももちろんOKです。

電話一本で最短即日に伺うことができますので、お気軽にお問い合わせください。

目次へ

まとめ

今回は、シャワーからの水漏れの原因と対処法をご紹介しました。
シャワーの水漏れは自分で修理することができますので、ぜひ今回お伝えした修理方法を試してみてください。

自分で修理してみても水漏れが直らないときは、修理業者に依頼しましょう。複数の業者に見積りをとると、サービスや料金の比較ができますよ。

お家のトラブルでわからないことがありましたら、いつでも「おうちの御用聞き家工房」までご連絡ください。