洗濯機の排水口のつまりがすぐに直せる!効果的な予防方法は?

洗濯機の排水口は、普段あまり意識して見ない部分ですが、排水口がつまると嫌なニオイや洗濯機のエラーが出て洗濯ができなくなります。 ひどい場合は、排水口から水漏れが発生して、マンションなら下の階に被害を及ぼす可能性もあるのです。 ここでは、洗濯機の排水口がつまる原因を解説し、自分でできる対処法をご紹介します。被害が大きくなる前に、排水口のつまりを解消しましょう。


この記事は約7分で読み終わります。

洗濯機の排水口のつまりの主な4つの原因

洗濯機の排水口がつまる原因は、主に4つあります。原因を理解しておくことで、今後つまる可能性を低くできるでしょう。以下の4つの原因のなかで、現状に当てはまるものはないか確認してみてください。

1.洗濯物から落ちる不純物

洗濯物には、皮脂や垢はもちろん、服の繊維や髪の毛など、多くの不純物が付着しています。これらの汚れや不純物は、洗濯中の洗剤や水流で浮いて排出されるので、洗濯物がきれいになるのですが、排水ホースの中や排水トラップの中につまってしまうこともあるのです。

特に、セーターなど繊維が多く排出されるものや、ペットを飼っている家庭、汚れやすい仕事をしている人の作業着、子どもの体操服などの洗濯では、衣類に付着している不純物の割合が多くなるため、つまりを起こす可能性が高いといえます。

これらの不純物は、繊維や髪と一緒に絡まると、少しずつ頑固な汚れの塊となってしまうので、排水口のつまりにつながるのです。

2.掃除不足

一般的に洗濯機の排水口は、排水ホースとつながっています。多くの洗濯機の場合、洗濯機の真下に排水ホースがつながっているため、一度設置するとそのままにしてしまう人も多いのです。

しかし、先ほどの原因にも挙げたとおり、洗濯物からは日々不純物が排出されます。蓄積していくと排水口のつまる原因になるため、定期的な掃除は必須です。

四隅がかさ上げされている防水パンの上に洗濯機を置いているのであれば、隙間ができているので掃除はしやすいですが、通常の状態だと洗濯機を一度移動させないと掃除ができません。

とはいえ、放置しているとつまりがひどくなる一方なので、定期的な掃除はとても重要です。

3.洗濯機の排水ホースが長い

洗濯機の排水ホースが長くても、つまりが起こりやすくなります。排水ホースが長いと、ホースが曲がっている箇所が多くなり、洗濯物の不純物が溜まりやすくなるからです。

排水ホースの適切な長さは、洗濯機と排水口までがまっすぐ届く程度の短さが良いでしょう。

設置するときの業者によっては排水ホースを長くとっている場合もあるので、長い場合は適切な長さにカットして使うのがおすすめです。

4.洗濯機の排水ホース・トラップの凍結

寒冷地の場合では、冬場の凍結で排水口がつまる恐れもあります。基本的には、寒冷地であっても暖かい室内で使用していれば凍結は起こりませんが、人の出入りが少なく寒い室内や屋外に洗濯機を設置している場合では凍結トラブルが起こりやすいです。

凍結すると、凍って膨張するため破損につながる恐れもあります。正しい手順で器具本体や排水ホースの水抜きをするなどして、凍結対策をしっかり行いましょう。

目次へ

すぐにできる!洗濯機の排水口のつまりの解消方法

排水口がつまったと感じたら、自分ですぐにできる解決方法もあります。洗濯機のエラーが出たり、洗濯機から嫌なニオイが発生したりする場合は、以下で紹介する解消方法を試してみましょう。

洗濯機の排水口を見える状態にする

ほぼ毎日使う洗濯機ですが、設置してから一度も排水口を意識したことがない人も多いです。排水口を見える状態にしておけば、常に意識できる状態になります。

しかし、洗濯機のタイプや排水口の位置によっては外側から確認できないこともあり、その場合は、排水口を見る都度、洗濯機を移動させなければなりません。

洗濯機の重さは、小さなものでも30kg、大きなものになると80kg以上になるものもあるので、1人で移動するのが難しいことも多いです。

排水口を掃除する

洗濯機の排水口は、できれば月に1回掃除するのがおすすめです。2ヶ月以上放置してしまうと、汚れが蓄積して固まりやすくなりトラブルが起きる原因になりやすくなります。

■掃除前にすること
掃除をする前には、必ず洗濯機のコンセントを抜いておくようにしましょう。洗濯機の電圧は高く、大変危険です。感電対策をしっかり行ってください。

そして、水道の蛇口も締めておきましょう。掃除のときに給水ホースが外れると、蛇口が開いたままだと水浸しになってしまいます。蛇口を締めて、水が出ないように準備しておくと安心です。

■用意する道具
バケツや汚れても良いタオル、雑巾、ビニール手袋などを準備しておきましょう。専用の洗剤とコップ、歯ブラシがあれば、隅々までしっかりと掃除ができます。周囲への汚れ防止に、ビニールシートがあれば安心です。

■掃除方法
1.排水ホースを外す
排水ホースが外せるように洗濯機を動かして、外します。排水ホース内に水が残っている可能性があるため、バケツで受けながら外すと安心です。

2.排水口のパーツを外す
排水口の蓋を取り外し、下から水や悪臭を防ぐための排水トラップを確認しましょう。

3.排水トラップの中を掃除する
排水口に直接、パイプユニッシュを流し込みましょう。洗濯機の排水口には、多くのゴミや異物が溜まっている可能性があるため、多めに流し込んでおくと安心です。30分程度放置すれば、パイプユニッシュが汚れを溶かしてくれます。放置している間に、バケツに水を溜めて取り外したパーツを歯ブラシなどで擦ってきれいにしましょう。

4.元の状態に戻す
洗ったパーツを元に戻したら、排水口の掃除が完了です。

目次へ

もう悩まない!洗濯機の排水口のつまりの効果的な予防方法

洗濯機の排水口がつまった経験がある人は、もう二度とつまらせたくないと思うでしょう。以下で紹介する2つのポイントを押さえておけば、排水口のつまりを予防できます。

洗濯機のメンテナンス

近年販売されている全自動洗濯機には、洗濯機の洗浄コースやカビ予防コースなど、メンテンス機能が備わっています。ボタンを押すだけで、簡単にメンテンスできるので、定期的に活用するようにしましょう。

また、洗濯機の糸くずフィルターやゴミ取りも定期的に取り替えるのがおすすめです。ゴミや糸くずなど、異物が付いたまま使用していると、排水口に流れてしまう可能性があります。

定期的な掃除はもちろん、掃除しても異物が取れなくなった場合は、新しいものに取り替えるようにしましょう。

排水ホースを掃除、もしくは交換する

異物が溜まりやすい排水ホースも、定期的な掃除が必須です。しかし、長さのある排水ホースは、隅々まできれいに汚れを除去するのが難しいので、新品の排水ホースに交換してしまうのも良いでしょう。

掃除をせず、新品と交換する場合は、半年に1回程度のペースで交換しておけば、排水口のトラブルは未然に防げます。

おふろの残り湯は使わない

節水のために、お風呂の残り湯を使って洗濯している人も多いでしょう。しかし、お風呂の残り湯には、皮脂や垢などが混じっているため、排水口がつまる原因になってしまうのです。

排水口のつまりを予防したいのであれば、残り湯は使わず、水道水で洗濯機を使うようにしましょう。

目次へ

どうしても排水口のつまりが直らない場合は?

先ほど紹介した解消方法を試しても、排水口のつまりが直らなかった場合は、自力で直すのは難しいと考えて良いでしょう。

洗濯機のつまりはもちろん、排水口のつまりで困ったときは、おうちの御用聞き家工房にお任せください。

高い技術と実績豊富なスタッフが、お電話一本で最短即日、お客様のご自宅へ伺いトラブルを解消します。

おうちの困りごと全般に対応しているため、排水口のつまりのついでに、庭の掃除依頼など、複数組み合わせた依頼も可能です。

おうちのお困りごとは、ぜひおうちの御用聞き家工房にご相談ください。

目次へ

まとめ

洗濯機の排水口のつまりは、定期的な掃除やメンテナンスである程度予防できます。排水口のつまりが起きると、生活に不便が出るほか、近所迷惑につながる可能性もあるのです。

自分でメンテナンスができない場合や、つまりの解消ができない場合は、すぐに専門業者に依頼しましょう。