玄関タイルの掃除はタイルによって違う?特徴ごとの掃除方法を紹介!

玄関は、来客を1番に迎える「家の顔」ともいわれる場所です。しかし、頻繁に人の出入りがあることから、汚れやすい場所でもあります。 玄関のタイルに汚れが蓄積すると、見た目が悪いだけでなくニオイの原因になってしまうこともあるのです。 ここでは、タイル別に玄関の掃除方法を徹底的に解説します。正しい掃除の仕方を知って、いつもピカピカの玄関にしておきましょう。


この記事は約10分で読み終わります。

玄関タイルが汚れる3つの原因

日常的に出入りする玄関は、汚れやすい場所です。玄関タイルに付着する汚れは主に家の外から入り込むため、汚れの種類と性質に合わせた掃除が必要です。

土汚れ

玄関タイルに付着する汚れで多いのが、屋外から持ち込まれる土汚れです。

土や砂の汚れは、家族の靴裏やペットの足裏などについて玄関タイルに付着します。土がぬかるむ雨の日などは、玄関先に持ち込まれる土汚れの量が増えます。

土や砂の汚れは水で簡単に落とせるものの、タイルに付着して乾燥するとなかなかとれません。汚れがこびりついて黒ずみの原因にもなるため、早めの掃除が必要です。

排気ガス

車が巻き上げる排気ガスも、玄関タイルを汚す原因です。排気ガスは家族の服や靴、髪などに付着して入り込むほか、交通量が多い道路に近い住宅の場合は、ドアの開閉時に入り込みタイルに付着します。

排気ガスは非常に微細な粉塵で、アレルギーを引き起こすリスクもあるため、早めに取り除く必要があります。

玄関タイルに付着した排気ガスの汚れを放置すると、色素が吸収して落ちにくくなるので、タイルの黒ずみに気が付いたらこまめに掃除をしてください。

花粉/pm2.5

春や秋は、花粉による汚れにも注意が必要です。

花粉は目には見えにくい、非常に細かい粒子です。花粉の季節は空気中を漂っていて、ドアを開閉するときや家族の髪、衣類に付着して玄関先に入り込みます。掃除を怠ると数日で玄関タイルがザラザラしてきます。

花粉もアレルギーを引き起こす原因です。小さなお子さんやアレルギー体質の家族がいる場合は、玄関ドアを換気のために開けっぱなしにするのは控えましょう。

花粉の汚れを放置すると、玄関タイルが黒ずむ原因にもなります。壁や靴箱にも付着するため、こまめに掃除して花粉を取り除きましょう。

目次へ

【質感別】玄関タイルの掃除方法

玄関タイルの掃除は、タイルの素材の確認からはじめましょう。タイルには、大理石などの天然石を使ったものと、人工石を使ったものがあります。天然石はデリケートで、掃除の仕方を間違えるとシミになったり、傷がついたりするリスクがあるため、取り扱いに注意してください。

掃除をはじめる前に玄関先の余計なものを片付けておくと、スムーズに作業が進みます。効率よく掃除するために、靴や傘、靴ベラなどの玄関小物を外に出すか、靴箱内に片付けて掃除しましょう。

また、玄関掃除には、天気の良い日を選ぶことが大切です。水を使って掃除をする場合、目地でカビが繁殖するのを避けるために、掃除後はしっかり玄関を乾かしてください。

ここからは、玄関タイルの掃除方法を解説していきます。玄関タイルには、大きく分けて表面がざらざらしたものと、つるつるしたタイプの2種類があります。それぞれにわけて手順を説明するので、参考にしてください。

ざらざらしている玄関タイルの場合

ざらざらした玄関タイルは、凹凸部分に汚れが蓄積しやすいです。このような玄関タイルの掃除に使う基本的な道具は、以下の4点です。

・ほうき(掃除機)
・バケツ(ホース)
・デッキブラシ
・雑巾(モップ)

掃除機は、砂埃を主に掃除するので、室内用のものとは別に用意したほうが良いです。同じ掃除機を使うと、室内に屋外の汚れを持ち込むことになります。

これらの道具を準備したら、まずは玄関タイルの表面にある砂埃やゴミをほうきや掃除機で除去しましょう。

汚れがある程度取れたら、バケツやホースでタイル全体に水をかけてください。マンションやアパートなど、集合住宅で玄関に水が流せない人は、雑巾を水で濡らしてタイル全体を湿らせていきましょう。

まんべんなく水分が行き渡ったら、デッキブラシで汚れを擦り落としていきます。一通り擦り終えたら、もう一度タイル全体に水をかけて汚れを流してください。

汚れがなくなったら雑巾やモップで乾拭きして、できるだけタイルの水気をなくしましょう。最後は、玄関のドアや窓を開けて風を通して、完全に乾燥させてください。

つるつるしている玄関タイルの場合(見出しだけの変更)

表面がつるつるしている玄関タイルの掃除に使う道具は、以下の5点です。

・ほうき(掃除機)
・バケツ(ホース)
・水拭き用の雑巾(モップ)
・乾拭き用の雑巾(モップ)
・メラミンスポンジ

つるつるした玄関タイルの掃除には、メラミンスポンジが大活躍します。洗剤を使わなくても汚れが落ちるので、用意しておくのをおすすめします。

掃除方法は、ざらざらした玄関タイルと同じく、ほうきや掃除機でタイル表面の砂埃やゴミを取り除くところからスタートです。

砂埃やゴミがなくなったら、バケツやホースでタイル全体に水を撒きましょう。雑巾やモップでタイルを擦りながら拭いていきます。このときに落とせなかった汚れは、メラミンスポンジで擦って落としてみてください。

汚れが落ちたら、もう一度水を撒いて汚れを洗い流します。乾拭き用の雑巾やモップで水分をある程度取ったら、玄関のドアや窓を開けて風を通し、完全に乾燥させれば完了です。

目次へ

頑固な汚れにおすすめしたい便利アイテム

玄関タイルの汚れを落とすには、水を使ってこするのが基本です。汚れがひどい場合は、家庭用の中性洗剤を使いましょう。なかなか落ちない頑固な汚れには、洗剤や道具の工夫が必要です。

頑固な玄関タイルの汚れにおすすめしたい便利アイテムを紹介します。大掃除のときにも役立つので、ぜひ活用してください。

重曹・セスキ炭酸ソーダ

玄関タイルの頑固なこびりつき汚れを落とす洗剤には、重曹やセスキ炭酸ソーダがおすすめです。どちらも自然素材の洗剤で、玄関だけでなく、家庭のさまざまな汚れ落としに使えます。

重曹もセスキ炭酸ソーダもアルカリ性の性質を持ち、しつこい汚れを落とすのに効果的です。

アルカリ濃度は重曹がやや弱く、油汚れを落とすのに向いています。セスキ炭酸ソーダのほうがアルカリ濃度は強いので、頑固なタイルの黒ずみに使うなど、汚れの程度にあわせて使い分けましょう。

必要道具

重曹もセスキ炭酸ソーダも水に溶かし、スプレー剤としてタイル掃除に活用します。どちらもホームセンターやドラッグストアで掃除用の粉末が購入できるため、次の道具を揃えましょう。

・水
・重曹・セスキ炭酸ソーダ
・スプレーボトル
・メラミンスポンジ
・雑巾
・バケツ

分量

重曹水、セスキ水を作る分量は、次のとおりです。商品によって差があるため、パッケージも確認してください。

・重曹水   重曹小さじ1杯に水100ml
・セスキ水  セスキ炭酸ソーダ小さじ1杯に水500ml

家庭で水に溶かして作るスプレーは安定剤や防腐剤を使っていないため、日持ちしません。その日使うぶんだけ作るか、長くても1週間を目安に使い切ることが大切です。

手順

できあがったスプレーの使い方は、次のとおりです。

1. ほうきや掃除機を使って、玄関タイルの細かなゴミやホコリを取り除く
2. 重曹水・セスキ水を汚れている箇所に噴射して、5分程度放置する
3. 汚れが浮いたらメラミンスポンジを使ってこすり落とし、水で洗剤を洗い流す。アパートなどで水が流せない場合は、固くしぼった雑巾で洗剤を拭き取る
4. 玄関のドアを開け、玄関タイルをしっかり乾かす

重曹は研磨効果もあるので、粉末のまま汚れに振りかけて、クレンザー代わりに使っても良いでしょう。

重曹もセスキ炭酸ソーダも比較的肌に優しい洗浄成分ですが、肌荒れしないとは限りません。使うときは、ゴム手袋を使うことをおすすめします。

クエン酸

クエン酸も、玄関タイルの汚れ落としに役立つ洗剤です。

クエン酸は柑橘類に含まれる酸味成分ですが、酸性の洗浄成分なので、アルカリ性の汚れを落とす効果が期待できます。水道の蛇口やシンクに付着する白いカルキ汚れを落とすため、水回りの掃除にも活用してください。

重曹やセスキ炭酸ソーダなどのアルカリ洗剤を使って玄関タイルが白くなったときは、クエン酸できれいになります。以下の分量で水に溶かし、クエン酸水をしみこませた雑巾でタイルを拭き掃除しましょう。

・クエン酸水  クエン酸小さじ1杯に水200ml

高圧洗浄機

玄関タイルの頑固なこびりつき汚れに、高圧洗浄機を使うのも効果的です。高水圧で水を噴射して一気に吹き飛ばすため、玄関タイルの目地やざらざらに詰まった汚れをスピーディーに落とせて便利です。

高圧洗浄機は業務用のイメージがありますが、インターネットやホームセンターで家庭用の機種が購入できます。玄関タイルのほか、ブロック塀や住宅の外壁掃除、洗車にも活用してください。

玄関の掃き掃除は毎日するのが理想ですが、最低でも1週間に1回を目安にタイルの掃除をしておくと、汚れを落とすのが楽になります。蓄積した汚れと湿気が結びつき、タイルの目地にカビが発生することもあるため、こまめに汚れを取り除きましょう。

玄関タイルをきれいにしたいなら、プロに依頼するのも選択肢のひとつです。業務用の洗剤や機材を使えば、スピーディーに汚れを除去できるためおすすめです。

おうちの御用聞き家工房では、玄関タイルの掃除から細かいお家のお悩みまで、幅広く対応しています。

タイルにあわせた掃除方法で、玄関を美しく掃除いたします。施工実績も豊富なので、安心してご相談ください。

地元密着型のおうちの御用聞き家工房は、電話1本で即日対応が可能です。玄関タイル以外にも、水回りのメンテナンスやエアコン掃除をはじめとするさまざまなハウスメンテナンスに対応しているため、お家に関する悩みはお気軽にご相談ください。

目次へ

汚れは事前に防止しましょう

玄関タイルは、毎日人の出入りがあるため、1回掃除して終わりというわけにはいきません。いつも美しく保つためには、いくつかのコツがあります。

こまめな掃除

汚れが蓄積して、頑固な汚れにならないよう、こまめに掃除するようにしましょう。できることなら1日に1回は、簡単な掃き掃除をするのが望ましいですが、忙しくて無理という人は、最低でも週1回は掃除できると良いです。

こまめに掃除をするコツは、玄関に小さなほうきを1本準備しておいて、気付いたときにサッと汚れを掃くようにしましょう。

家族にも協力をお願いしておけば、常にきれいな状態を保てます。

床を濡らさない

雨の日はなかなか難しいですが、床をできるだけ濡らさないように心掛けましょう。タイルが濡れると、靴についた汚れがタイルにつきやすくなります。

また、湿気が溜まることでカビの原因にもなるので、できるだけ風通しを良くして乾燥させるようにしましょう。

履いていない靴はしまう

普段履かない靴は、そのまま玄関に置くのではなく、下駄箱やシューズクロークに収納するクセをつけましょう。

靴が何足も出ていると掃除もしにくくなりますし、何より見た目が悪いです。突然の来客時にも慌てずに済むよう、家族にも協力してもらうと良いですよ。

周辺も掃除

玄関の掃除をするときは、タイルだけでなく傘立てや下駄箱も掃除するようにしましょう。傘立てや下駄箱は、ホコリが溜まりやすいです。

せっかくタイル部分を綺麗にしても、ホコリが溜まっているとタイルに落ちて、また汚れてしまいます。

ハンディモップなどで普段からこまめにホコリを落とすクセをつけておけば、汚れが蓄積するのを防げるでしょう。

砂落としマット

砂落としマットを敷いておけば、玄関をより汚れにくくできます。マットを踏んでから玄関に入ることで、ある程度の砂を落としてくれるのです。

デザイン性が高いマットもたくさん販売されているので、好みのものを選んで設置しておきましょう。

目次へ

まとめ

玄関が美しいと、気持ちよく暮らせます。住んでいる自分たちだけでなく、来客にも良い印象を持もたれるでしょう。

こまめな掃除が理想ですが、汚れすぎてどこから手をつけて良いかわからない、準備するのが面倒というときは、業者に依頼するのがおすすめです。