"蛇口"の検索結果

水道の水を止めたり、水圧を調節したりするために使う「止水栓」をご存知でしょうか。 普段の生活では使うことがないのであまり意識したことがないと思いますが、蛇口を交換するときや水道の故障によって水が止まらなくなったときなどには、止水栓を閉めることで溢れてくる水を止められます。 蛇口から出る水の水圧も止水栓を開け閉めすることで調節するなど、実は水道を使うときに大変重要なものなので、止水栓が回らないと困ったことになるでしょう。そこで今回は、止水栓が回らないときの原因や対処法について紹介します。

最終更新日 :

蛇口から水がポタポタと落ちる程度であれば、ゴム製のパッキンを交換する程度で改善できます。しかし経年劣化が激しい場合は、思い切って蛇口ごと交換してはいかがでしょうか。 一般的に交換時期は10年程度が目安ですが、「10年経てば必ず壊れる」「10年間は壊れずに使える」とは限りません。使用頻度や環境によって左右されるため、10年はあくまで目安として実際の状態で判断しましょう。 ここでは、家の蛇口交換を検討するときの費用相場や業者を選ぶときのポイントをご紹介します。

最終更新日 :

ある日突然蛇口から水が出なくなると、かなり焦ってしまうでしょう。しかし、落ち着いて適切に対処しないと、水道管を傷めたり、水道管が破裂してしまったりするかもしれません。 なぜ蛇口から水が出なくなるのか、原因を知って正しく対処できるようにしておきましょう。

最終更新日 :

蛇口のハンドルが固いと使うたびにストレスが溜まりますし、蛇口がしっかり閉まらなくなり、水が出っぱなしになることもあるのでとても困ります。 どうして蛇口のハンドルが固くなってしまうのでしょうか。今回は、蛇口のハンドルが固くなる原因と対処法について紹介します。

最終更新日 :

長く住んでいる住宅ほど、水回りのトラブルは避けて通れないものです。たとえば蛇口が閉まらないために、キッチンや洗面台周辺が水浸しになることがあります。 しかし、専門業者を呼んで修理を依頼するとなると、気になるのが価格面です。自力で安く済ませることができる場合は、自分自身で修理したいと考える方も多いのではないでしょうか。 また、仕事の都合で専門業者を呼べる日まで間が開いてしまう場合もあるでしょう。そのような方のために、ここでは蛇口が閉まらないときの主な原因や、自力でできる対処方法についてご紹介します。

最終更新日 :

蛇口は、一般的に10〜15年で寿命を迎えるといわれています。寿命を迎えていなくても、新しいデザインの蛇口に交換したいと考えている方もいるかもしれません。 蛇口は、ポイントを押さえれば自分で交換することが可能です。今回は、蛇口を交換する際に必要な工具や蛇口タイプごとの交換方法についてご紹介します。

最終更新日 :

家庭の水漏れのなかでも、特に注意すべきはお風呂です。原因箇所が多く、放置しているとあっという間に水道代がかさみ、大きな故障につながりかねません。 今回は、お風呂場の水漏れの原因や対処法を詳しく解説していきます。

最終更新日 :

蛇口を閉めても水がポタポタと漏れてくる水漏れトラブル。長年住んでいるご自宅に設置された蛇口は、経年劣化のために水漏れが起きてしまうことがあります。 ほんの少しの水漏れであれば、業者に依頼せずに自分で修理したいと考えている人もいるのではないでしょうか。 この記事では、蛇口の水漏れの原因と修理方法を紹介します。自分でできる水漏れの修理方法を探している人は、ぜひ参考にしてください。

最終更新日 :

水道の蛇口を締めてもポタポタと水が漏れてくるとき、自分でパッキンを交換して修理する方も多いのではないでしょうか。しかし、パッキンを交換したにもかかわらず、再び蛇口から水漏れがおきてしまう場合があります。 パッキンを交換しても水漏れが直らないとき、もしかすると水漏れの原因はパッキン以外の場所に隠れているかもしれません。 この記事では、パッキンを交換しても水漏れが直らない場合の原因と対処法を解説します。水漏れの原因をつき止めて、しっかりと修理していきましょう。

最終更新日 :