庭に砂利を敷きたい!気になる費用とリフォーム内容

庭に砂利を敷くと、外構の雰囲気を大きく変えることができるほか、雑草対策や防犯対策になるなどメリットがたくさんあります。 しかし、庭に砂利を敷くとなると、気になるのは費用のことです。ここでは、砂利を敷く費用のことや砂利を敷くことで得られるメリット、砂利を敷く際の注意点など、気になることをまとめました。 砂利敷きを検討している人は、ぜひ参考にしてみてください。


この記事は約7分で読み終わります。

砂利敷きにかかる費用の相場は?

砂利敷きと聞くと、ただ単に砂利を庭に敷き詰めれば良いと思っている人もいますが、実際には、さまざまな工程を経て砂利を敷きます。

使う砂利の種類によっても費用が変動することは想像できますが、最終的な費用相場は、誰もが気になる部分です。ここでは、砂利敷きの費用目安や砂利敷きの内容について紹介します。

砂利敷きにかかる費用の目安

砂利敷きにかかる費用は、砂利の種類はもちろん、砂利を敷く場所によっても左右されます。たとえば、ガーデニングコーナーなど部分的に砂利を敷く場合は、5,000〜1万円程度でリフォームできますが、庭全体に敷き詰めるとなると10万〜20万円が相場となります。

もちろん、砂利を敷く厚さによっても左右されますが、一般的には3〜5cmの厚さで敷く事が多いです。

庭が広く、予算内で砂利が敷けない場合は、一部だけを砂利敷きにする方法や、標準よりも薄く砂利を敷く方法もあります。

砂利を種類別にして、費用相場を表にしてみました。

五色砂利 2,500円/20kg
青砕石砂利 3,500円/20kg
那智黒石砂利 4,800円/20kg
ピンク玉砂利 3,500円/20kg
赤玉砂利 4,200円/20kg
エメラルド砂利 3,000円/20kg
金華砂利 4,700円/20kg
大磯砂利 2,000円/20kg

砂利は、種類によって色や質感が異なるため、家の色や外観のイメージに合ったものをチョイスするようにしましょう。

また、砂利や工賃だけでなく、砂利を敷く前に施工する防草シートの費用も、予算に入れておくと安心です。

砂利敷きリフォームの内容

砂利敷きリフォームは、砂利をそのまま敷き詰めるだけのリフォームではありません。砂利を敷くだけなら、業者に頼まなくてもできそうな気がしますが、砂利敷き後のメンテナンスや見た目の美しさを保つために、以下のような工程があるのです。

①草刈り
まずは、砂利を敷く場所に生えている雑草を処理します。基本的には刈り取って処理をしますが、スギナやセイタカアワダチソウのように強靭な雑草が生えている場合や、雑草が大量に生えている場合は、除草剤を撒いてある程度弱らせてからの刈り取りが多いです。

②床均し
砂利を敷く高さを考慮して、40〜50mm分を下げながら地面を均します。床均しを丁寧に行えば、砂利を敷いたときに美しく仕上がるでしょう。

③転圧
均した地面に機械で圧力をかけて、土を締め固めます。この作業をすることで、砂利を敷いた上を人が歩いても、地盤が沈みません。

④防草シート
雑草が生えるのを防ぐシートを、地面に敷きます。防草シートは、砂利を敷く前の作業の中では、必須の工程です。防草シートを敷かずに砂利を敷いてしまうと、砂利の隙間から雑草が生えてきて土と砂利が混ざり、とても見栄えが悪くなります。

⑤砂利敷き
最後の工程が砂利敷きです。砂利は均一な厚さで敷かれます。砂利を敷く厚さが均一でないと、下地が露出したり、歩いたときに足が埋もれてしまったりして、見栄えも勝手も悪いです。40〜50mmの厚さが最適といわれています。

目次へ

庭に砂利敷きをするメリット

庭に砂利を敷く人が多いのは、たくさんのメリットがあるからです。ここでは、砂利を敷く3つのメリットを紹介します。

気軽に雰囲気を変えられる

庭や外構周りは、そのままの状態だと土の色であることが多いです。茶色や黒っぽい色なので、明るい雰囲気にしたいと考える人もいるでしょう。

砂利敷きは、好きな色の砂利を選べば、明るい雰囲気にもシックな雰囲気にも変えられます。しかも、植栽はそのままの状態で、気軽に雰囲気を変えられるのです。

雑草対策や見た目の問題から庭にコンクリートを打つ人もいますが、コンクリートを打つよりも、砂利敷きはリーズナブルな価格で施工できます。費用面が安くつく点も、砂利敷きのメリットといえるでしょう。

庭のメンテナンスが楽になる

砂利敷きのリフォーム内容の項目でも紹介したとおり、砂利敷きをする前には、防草シートを敷きます。そのため、土の状態の庭よりも、格段に雑草が生えにくくなるのです。

雑草が生えにくいので、草むしりなどの手間が省けますし、美観も長持ちします。さらに、砂利は水はけが良いため、雨が降っても水溜りができにくく、泥で足も汚れないため歩きやすいです。

しかし、白い砂利は、少し細かなメンテナンスが必要になるかもしれません。ほかの砂利でも汚れは付着するのですが、白い砂利は土や泥、コケの汚れが目立ちやすいです。

白い砂利のように明るい色の砂利を敷いたときは、定期的な汚れの除去か砂利の入れ替えが必要であることも覚えておいてください。

防犯効果が高まる

コソコソと家に侵入しようとしている泥棒や不審者は、少しの物音も立てたくないものです。

砂利を庭や家の敷地内に敷いておけば、人が歩くたびにザクザクと音が鳴るので、誰かが歩いているのがすぐに分かりますし、防犯効果が期待できます。

また、普通の砂利よりも大きな音が出る、防犯に特化した砂利も販売されており、通路などに敷いて防犯対策をしている人も多いです。

防犯目的の砂利は、鳴き砂利や防犯砂利という名前で販売されていることが多く、カラーバリエーションもあるので、家の外観に合わせて選ぶこともできます。

目次へ

砂利敷きリフォームの注意点

さまざまなメリットがある砂利敷きですが、リフォームする際には注意したいポイントもあります。要点を押さえて、後悔しない砂利敷きを行いましょう。

砂利敷きリフォームの失敗を防ぐポイント

庭に砂利を敷くリフォームは、コンクリートを打つよりも、比較的リーズナブルな価格で施工できます。

費用を安く抑えるために、砂利を薄く敷く方法もありますが、あまりに薄く敷きすぎると、下地が見えて見た目が悪くなるほか、砂利敷きで得られる多くのメリットを十分に得られなくなる可能性もあるのです。

砂利敷きを検討する際には、ある程度の予算を立てて取り掛かるようにしましょう。

そして、費用相場の項目でも紹介したように、砂利の種類によって価格は変動します。使いたい砂利が決まったら、業者に見積もりをしてもらって、予算内に収まっているかを確認してください。

依頼する業者によっては、防草シートの施工料金が見積もりに入っておらず、追加で費用が請求されることもあるため、見積もり内容は細かくチェックしておきましょう。

砂利敷きリフォームは、床均しや転圧、防草シートの施工など、高い技術で丁寧に行わなければならない作業もたくさんあります。業者選びの際は、実績の豊富な信頼できる業者に依頼してください。

砂利敷きリフォームはおうちの御用聞き家工房にお任せください!

リフォーム成功のポイントは、優良な業者選びです。施工費用が安くても、工程を省いたり、施工を雑にしたりする業者では、美観も機能性も失われます。

庭の砂利敷きなら、おうちの御用聞き家工房にお任せください。うちの御用聞き家工房は、地域密着型で、これまでも多くのお客様からご依頼を受け丁寧な施工を実施してきました。その結果、地域の皆さまからの信頼を受け、継続して事業を展開しております。

砂利敷き以外のハウスメンテナンスも、まるごと対応できるため、おうちに関する困りごとを短期間で解消できるのです。

急なご依頼の場合でも、地域密着型の特性を生かし、電話一本で最短即日でお伺いします。おうちの困りごとがある場合は、ぜひ一度、おうちの御用聞き家工房へご相談ください。

目次へ

まとめ

庭の砂利敷きは、費用を押さえつつ、外構の印象を変えながら防犯対策や雑草対策もできるメリットの多いリフォームです。業者選びさえ間違わなければ、美しい外構に仕上げられます。

庭の外構が気になる人や防犯対策を考えている人は、ぜひ砂利敷きリフォームを検討してみてください。