しつこい浴室のカビが取れない!お風呂掃除のコツを紹介

お風呂は家の中で最もカビが生えやすい場所のひとつです。放っておくとすぐにカビが生えてしまうのでこまめな掃除が必要になります。 しかし、浴室のカビはしつこく、なかなかきれいにカビを取ることができないですよね。どんな方法で掃除をすればカビ汚れを効率よく落とすことができるのでしょうか。 そこで今回は、浴室の取れないカビをきれいに取る方法について紹介します。


この記事は約6分で読み終わります。

取れない浴室のカビを除去するコツ

浴室のカビはなかなか取れないにもかかわらず、すぐに生えてくるのでお手入れも大変です。そんな取れない浴室のカビを除去するコツには、どのようなものがあるのでしょうか。ここではカビを除去するコツについて解説します。

洗浄剤は乾いた状態で使う

カビを取るのに効果的な方法のひとつに洗浄剤を使うことがあげられます。カビは菌の一種なので、洗浄には漂白剤がおすすめ。漂白剤を使えば、菌であるカビを一掃でき、ついでに除菌もできます。浴室の掃除には欠かせないので、自分でしっかり掃除をしたいという人は漂白剤を用意しておきましょう。特に塩素系漂白剤はカビに強力に作用します。

漂白剤を使用するときは、なるべく換気を行い、手や服などにつかないように注意して使用しましょう。また、使った後はよく洗い流し、薬剤が浴室に残らないように気をつけましょう。

しかしすでに使っている人もいて、「効果が感じられない…」と悩んでいませんか?

浴室の壁や床、浴槽の中などが濡れていると、洗浄剤の成分が薄まってしまいます。そのため、洗浄剤は浴室全体が乾いた状態で使うことをおすすめします。

また、もしも先に水垢掃除などをしていた場合、いったん浴室全体を乾燥させてからカビ取りを行いましょう。

スプレー後はすぐにこすらない

洗浄剤をカビにかけたあとは、すぐにこすらず、洗浄剤が浸透するまで数分ほど待ちましょう。タイルの目地などの場合、スプレーしてすぐにこすってしまうと、カビが奥に入り込み、落としにくくなってしまいます。

洗浄剤を吹き付けたら、奥まで浸透するのを待ってください。カビは汚れではなく菌なので、洗浄剤で死滅させなければなりません。液体が奥まで浸透するのを待ち、時間が経ってから洗い流しましょう。

また、ゴムパッキンなどはこするとキズがつくことがあります。こするスポンジなどの素材を確認し、やわらかい素材を使ってこすりましょう。

さらに、排水溝などには塩素系漂白剤の使用が推奨できない素材を使っている場合もあります。その場合は酸素系漂白剤を使うなど別の薬剤を対処しましょう。

しつこいカビはパックする

黒カビなどのしつこいカビは、一度洗浄剤を吹き付けて洗い流してもなかなか取れないこともあります。こういったしつこいカビにはパックがおすすめです。

これは、洗浄剤をスプレーした箇所に、ラップやキッチンペーパーを上からくっつけてパックする方法です。酸素を遮断することで、黒カビの活性化を防ぐことができるため、洗浄剤がしっかり奥まで浸透し、カビを根元から除去することができるでしょう。

タイルや天井、床の隅などのしつこい黒カビは、パックをして確実に死滅させます。カビ予防のために定期的にパックをしておくのもおすすめです。

目次へ

どうしても取れない場合は専門業者に依頼

これまで、浴室のカビを取る方法を紹介しました。もし、この紹介した方法でもカビが取れないなら専門業者に依頼するのも選択肢のひとつです。また、「掃除をする時間がない」「浴室の天井など高い場所へ手が届かない」といったケースでも、業者に依頼するとすぐに対応してくれるでしょう。

おうちの御用聞き家工房でも、浴室のカビ落としをお手頃価格で行っています。浴室の天井、換気扇など自力では掃除しにくい場所はもちろん、浴室全体のクリーニングなども合わせて、高い技術を持ったスタッフが対応します。

浴室全体のお掃除や家全体のお掃除はもちろん、上記のように天井のカビ取りや浴槽の水垢取りなどの単発的なご依頼も承ります。自分で対応するのは限界だと感じたら、まずはご相談ください。

たとえば、浴室の天井のカビ落としなら、汚れ状況にもよりますが、30分3,000円で請け負った事例もあります。天井全体に広がったカビを落とすのは至難の技なので、プロにお任せください。

そのほか家に関するトラブルであれば、どんな些細なことでも相談を受け付けています。「トラブルなのか分からないけど、ちょっと見てくれない?」といった内容でももちろん可能で、電話一本で、最短で即日でお伺いします。

浴室のカビやおうちのトラブルにお悩みの方は、ぜひ一度おうちの御用聞き家工房へご相談ください。

目次へ

大切なのは普段のカビ予防

ここまで、カビ取りの方法や業者への依頼について紹介しました。カビ取りのための掃除ももちろん重要ですが、浴室のカビ対策の最大のポイントは、普段のカビ予防です。ここでは、カビ予防の方法について解説します。

カビ予防の基本

カビ予防の基本的な考え方は、以下の2点です。

・湿度を下げる
・水気を取る

それぞれを詳しく解説していきます。

浴室の湿度を低くする

カビは湿度が高くなるほど急激に増殖します。カビを発生させないためには、浴室の湿度を下げておかなければなりません。

日中は窓を開けておく、浴室の換気扇を回しておくなどのすぐにできる対策で、湿度を下げることが可能です。なるべく通気性をよくしておき、湿度が高くならないように気をつけておきましょう。

カビのエサを除去する

カビは水があるところで繁殖します。そのため、浴室の湿度を下げるのはもちろん、水気をなるべく除去しておく必要があるのです。カビが増殖しやすい部分は乾拭きしておくなど、カビが住みやすい環境を排除しましょう。

毎日できるカビ予防

カビ予防は毎日行うことが必要です。気を抜くとすぐにカビが生えてしまいます。そのため、毎日のカビ予防を徹底しましょう。カビ予防の方法については以下に記載します。

1.浴室内を熱水シャワーで流す

カビは高い温度に弱い菌です。そのため、浴室を使い終わったら、50度以上の熱湯を浴室全体に90秒程度かけておくことがポイント。毎日最後に熱水シャワーで浴室の壁やタイル、浴槽を流しておくことで、カビの発生を抑えることができるのです。

特に注意したいのは、シャンプーのボトルやせっけんを置きっぱなしにしている棚。壁や床に気を取られて、浴室内の備品は見落としがちなので注意しましょう。

置きっぱなしのボトルの底や浴室イスの足などはカビが最も生えやすいので、念入りに熱水シャワーをかけておきたいですね。

2.乾拭きをする

熱水シャワーで浴室全体を流したら、乾いたタオルや水切りワイパーなどを使って壁や床の水気を切りましょう。先ほど伝えたとおり、カビは水気がある場所に住みつくため、少しでも水分があるとあっという間にカビが繁殖してしまいます。

乾拭きをしたり水気を切ったりしておくことで、より早く浴室内が乾燥するため、それだけカビの繁殖を抑えることにつながるのです。

3.換気を徹底する

しっかりと水気が切れたら、換気も忘れずに行いましょう。窓がある浴室なら、防犯に配慮しながら窓を開けっぱなしにしておくのもひとつの方法です。それが叶わない場合は、換気扇を常につけておいても良いでしょう。

せっかく熱水シャワーや乾拭きをしたのに、換気を怠ると意味がありません。最後はしっかりと浴室を乾燥させることが何よりも大切なのです。

目次へ

まとめ

今回は取れない浴室のカビを取るコツと予防法について紹介しました。浴室のカビはまず発生させないことが大切です。カビは菌なので繁殖しにくい状況を作ることでカビ汚れを防ぐことができます。

気をつけていてもカビが発生してしまった場合は、漂白剤などを使ってカビ菌の除去作業を行いましょう。

それでも対処しきれないときはプロのハウスクリーニング業者に依頼するのがおすすめ。カビの除去だけでなく、発生しにくい環境を長持ちさせるプロの技術に頼ってみてはいかがでしょうか。