雑草・剪定・掃除が面倒!庭の手入れを簡単にする方法

庭があると、ちょっとした花壇や家庭菜園を作って、好きな草花や野菜を育てたり、休日にバーベキューしたりなど、さまざまな趣味を楽しむことができます。 充実した日々の暮らしに、庭が欠かせないという方も多いのではないでしょうか。 その一方で、庭の手入れは大変です。小さな雑草や虫でも困ることに変わりはありません。負担を減らしつつ、きれいに維持する方法はないのでしょうか。 そこで今回は、庭の手入れ方法を見直し、負担を軽くするコツを紹介します。


この記事は約12分で読み終わります。

庭の手入れ…負担になっていませんか?

定期的に手入れをしないと、庭はすぐに荒れてしまいます。道路や玄関先から見える場合は、放置するとご近所さんから「だらしない家だ」と思われかねません。

そんなデメリットは分かっているものの、「腰が痛い」「暑さで外の作業ができない」などのやむを得ない事情から、なかなか手を付ける気になれない方も多いのではないでしょうか。

まずは、庭の手入れで負担だと感じる作業と、その理由を考えてみましょう。

雑草取り

雑草取りは、庭の手入れで最も頻繁に行わなくてはならない作業であると同時に、最も面倒だと感じる作業ではないでしょうか。

雑草は、特に春から夏にかけて急激に成長します。放置するとどんどん伸びて、種類によっては大人の膝や腰の高さに成長してしまいます。そのため、こまめな除去が必要です。

しかし、雑草取りは暖かい時期に行うものです。ときには炎天下で作業しなくてはならず、思うようには進まないことがあるでしょう。芝生のように長さを揃える程度にとどめるなら草刈り機を使用する方法も有効ですが、すぐに伸びてしまいます。完全に除去するには、根までしっかりと抜き取る必要があります。

根を抜き取るには、腰をかがめなくてはいけません。長時間作業をするとなれば、高齢者にとっては大きな負担となるでしょう。

樹木の剪定

ある程度の広さがある庭は、樹木の剪定もしなくてはいけません。これをサボると、以下のような不都合が考えられるからです。

・日光を遮断する
・風通しが悪くなる
・害虫がつきやすくなる
・見た目が悪くなる
・犯罪に狙われやすくなる

大きく育った木や枝は日光を遮断するので、家の中に日光が入りにくくなります。また、風通しが悪くなるため、室内の湿度が上がって、壁や押し入れなどにカビが生じる原因にもなり得るでしょう。

木にガの幼虫などの害虫が寄ってきたり、家の中にも虫が入りやすくなったりするかもしれません。

また、見た目が悪くなることで近隣住人に不審がられるかもしれませんし、見通しが悪い庭は泥棒などの犯罪にも狙われやすくなるため、早めに対処が必要です。

そのため、庭木の手入れは剪定業者に依頼しましょう。経験のない素人では、どこから手をつければ良いか判断が難しく、整えるバランスを誤ると見映えが悪くなる恐れがあるからです。

また、作業中は脚立を使用するため、落下する危険も無視できないでしょう。

落ち葉や枯れ葉の掃除

春や夏の雑草シーズンが終わると、秋から冬にかけては落ち葉や枯れ葉掃除のシーズンに入ります。やはり庭の手入れが必要です。

しかし、これもなかなか面倒です。「掃いても掃いても、落ち葉や枯れ葉がちょっとした風で広がってしまって集め直した」という経験がある人もいるでしょう。

「落ち葉なら多少放置しても問題ないだろう」と思うかもしれませんが、軽くて舞いやすい落ち葉や枯れ葉は、庭以外の場所に影響を及ぼす可能性があります。

・雨どいが詰まる(その結果、意図しない場所で雨水が溢れ出す)
・腐った落ち葉を踏んで転倒する
・カーポートや自転車置き場が汚れる

放置して雨どいが詰まると、雨水が溢れ出すかもしれません。たとえば、掃き出し窓の上にある箇所で溢れたら、跳ねた水が部屋に入ってくることがあります。

庭や玄関アプローチの上などの落ち葉を放置すれば、雨や霧で濡れた落ち葉を踏んで転倒するかもしれません。

また、風で舞い上がった落ち葉が、カーポートや自転車置き場などの庭以外の場所を汚すこともあるでしょう。

目次へ

【雑草】庭の手入れを簡単にする方法

庭があると趣味が広がり、生活を充実させてくれます。とはいえ、手入れに追われては庭の素晴らしさを味わう余裕は持てません。まずは負担をできる限り軽くして、「庭の手入れは面倒なもの」というイメージを消してしまいましょう。

ここでは、前の項目で紹介した面倒な作業の負担を減らすコツを紹介します。

雑草が生えるエリアを減らす砂利を敷く

これは、庭に砂利を敷いて、そのエリアの雑草を生えにくくする方法です。

ただし、隙間なく砂利を敷き詰めると、庭の見映えが悪くなってしまう可能性があります。庭のイメージを壊さないよう、砂利を敷き詰めるエリアと土や緑を見せるエリアをバランス良く決めましょう。

防草シートを敷く

雑草対策専用に製造された防草シートを、雑草から守りたい場所に敷く方法です。防草シートは除草シートの名で販売されていることもあります。

複数の種類があり、もっとも一般的なものは施工しやすく耐久性に優れた合繊不織製で、耐久年数は平均5年前後です。近年は経年劣化後に廃棄の必要もない天然素材タイプも登場しており、放置していても土に還っていくという自然に優しいメリットを持っています。

防草シートを敷くだけでは見栄えが気になる場合は、上から人工芝を敷くとナチュラルな印象になります。人工芝は化学繊維で芝に似せて作られており、成長しないため刈り込みや水やりなどの世話をする必要もありません。

耐久年数は使用環境などに左右されますが、10年前後です。ただし天然芝に比べると高額になる傾向があるため、使用するかどうか慎重に検討することをおすすめします。

ウッドチップやバークチップを敷く

おしゃれな見た目に仕上げたいときは、ウッドチップやバークチップを敷く方法もあります。ウッドチップもバークチップも天然由来の素材である点は共通していますが、厳密にいうと以下のように異なる原料から作られています。

・ウッドチップ…木材そのものを砕いたもの
・バークチップ…赤松や黒松の樹皮を砕いたもの

ウッドチップはその名のとおり木材をまるごと破砕したもので、スギやヒノキなどさまざまな種類があります。使用する木材ごとに異なる色や香りを楽しめるのがメリットです。

バークチップは樹皮を砕いたもので、木材をまるごと砕くウッドチップに比べると独特の質感をしています。全体的に丸みを帯びた形状になり、色が濃いものが多いのが特徴です。

庭をきれいに見せてくれるうえ、風で飛来した雑草の種子が芽吹いたり、地面の下にある雑草の根が成長したりするのを抑えてくれます。ただし天然もののため、完全に防ぐというよりは一定の抑止効果が期待できる程度です。

レンガやタイルで舗装する

レンガやタイルで隙間なく舗装すると、砂利やウッドチップなどのように隙間から雑草が生える心配もありません。近年は海外製のおしゃれなレンガやタイルも手軽に輸入できることから、豊富な選択肢がある点も魅力的です。家の外壁や形に合わせて色や質感を選ぶと、より一層洗練された外観に仕上がるでしょう。

注意点として、素人が自力で作業することは容易ではないことがあげられます。下地の準備や配置など施工は大がかりとなるため、プロの手を借りなくてはなりません。

レンガを敷き詰める程度であれば個人でも作業可能ですが、隙間が空きやすいため雑草対策の効果は半減するでしょう。

コンクリートで舗装する

耐久性を重視する方に最適な方法のひとつが、コンクリートで舗装することです。一度覆ってしまえば高い耐久性で雑草のない状態を維持できるうえ、丈夫なため駐車場スペースとして使用することもできます。

日陰が多い場所では藻が繁殖するリスクがありますが、個人で購入できる高圧洗浄機の普及により、お手入れが困難になることはないでしょう。ただし、コンクリートゆえの無機質な仕上がりとなるため、ナチュラルな仕上がりを求めている方は慎重に検討すべきです。

除草剤をまく

除草剤をまいて、雑草を枯らす方法も効果的です。ホームセンターなどで手軽に購入できます。

ただし、育てているハーブや花などの草花にも影響を与えてしまうため、取り扱いに注意してください。プランターを使うなど、除草剤の影響を避けられる育て方をすると良いでしょう。

雑草の根を絶やす

除草剤をまくことに抵抗がある方は、できる限り雑草を根ごと除去する方法を検討してみましょう。スコップやシャベルで土に張った根ごと掘り起こさなくてはなりませんが、除草剤なしで長期間きれいな庭を維持できます。

ただし、わずかに根が残っている場合は再び雑草が生える可能性があります。

目次へ

実はNG!間違った雑草対策

大掛かりな工事や専用のアイテムを取り揃えなくてはならない雑草対策は、日数や費用を要します。早急な解決を求める方にとっては、もどかしく感じることもあるでしょう。

即座に実行でき、お金がかからない方法として塩をまく方法や熱湯をまく方法がありますが、必ずしも最適な解決策とは言えません。場合によっては想定外の被害が生じることもあるため、安易には行わないことをおすすめします。

この項目では、前述の「塩をまく」「熱湯をまく」それぞれの雑草対策について、どのようなリスクがあるのか紹介します。

塩をまく

塩をまいて雑草を枯らす方法もありますが、メリットよりもデメリットのほうが多い点に注意しなくてはなりません。塩をまくと雑草はみるみるうちに枯れますが、庭木など雑草以外の植物も枯らしてしまうため、殺風景になってしまいます。

一時的であれば問題ないと考える方もいますが、塩の恐ろしいところは土に分解されず半永久的に残ることです。年月が経っても残るため新しい草木を植えても影響が出やすいうえ、雨で地中深くに浸透すれば建物や配管など周囲の設備を傷める原因にもなります。

また、土地の塩分濃度が高くなれば、将来的な不動産評価額へも悪影響を及ぼします。

熱湯をまく

熱湯をまく方法は、シンプルに熱で雑草を枯れさせる効果が期待できます。バーナーで焼く場合と同様の効果がありながら、火を使わないため火事のおそれがなく、また化学薬品を使用しないため動物などへの悪影響がありません。

このようにメリットの多い熱湯をまく方法ですが、必ずしも雑草対策として最適解とは言えません。理由は、あくまで効果が期待できるのは熱湯が直接触れる地表部分のみのためです。

草むしりをしても雑草がすぐに生えてしまう原因は、地中に根が残っていることがあげられます。熱湯で地表に出ている部分の雑草を枯らすことができても、地中に残る根まで熱の影響は出にくく、通常の草むしりを行った場合と同様に時間が経てば再度生えてきます。

また、熱湯を大量にかける必要があるため、やけどをする危険もあるでしょう。一時的な効果のために怪我のリスクを負うことはおすすめしません。

目次へ

【雑草以外】庭の手入れを簡単にする方法

美しく快適な庭を作りたいと思っても、実際には前述のとおり木の剪定や掃除、雑草対策など多くの課題があります。雑草が生い茂るのを防ぐだけではなく、その他の作業もこなさなくてはなりません。

加えて、美しい状態を保つためには植物への適度な水やりや植え替えなど、継続的な手入れが必要です。

この項目では雑草対策の他に覚えておきたい、庭の手入れにかかる負担を軽減する方法を紹介します。

剪定の負担を減らす方法

剪定の必要があまりない種類の木に植え替える方法があります。手間をかけなくても育つ庭木であれば、剪定する必要はなくなるでしょう。

剪定があまり必要のない木の一例は、以下のとおりです。

・ソヨゴ
・ハイノキ
・ポップブッシュ
・ナツツバキ
・ハナミズキ
・グミ

これ以外にも、成長がゆるやかで剪定回数を抑えられるものや、剪定しないほうが美しく育つ木があります。庭木の専門業者に相談して、手入れ作業に時間を割かなくて良い種類を植えてもらいましょう。

落ち葉や枯れ葉掃除の負担を減らす方法

落ち葉をできるかぎり減らせば、掃除の負担を軽減できます。そこで、落葉樹から落ち葉の少ない常緑樹への植え替えをおすすめします。

常緑樹は落ち葉が少なく手入れが簡単で、お金や時間をかけずに育てられる点が魅力です。

前の項目で紹介したものであれば、ソヨゴ・ハイノキ・ポップブッシュの3種類が常緑樹です。グミも種類によって常緑樹があるため、専門業者に相談すると良いでしょう。

水やりの負担を減らす方法

植物を維持するためには、定期的な水やりは欠かせません。地域によっては、秋から春にかけては数日おきでも問題ありませんが、日差しの強い夏場は毎日の水やりが必要です。

庭の広さに関係なく、水やりは重労働となります。毎日の水やりが負担になると感じたときは、無理をせず機械に頼る方法がおすすめです。

個人宅に手軽に導入できる自動散水設備として、以下の2タイプがあげられます。

・スプリンクラー
・ドリップチューブ

スプリンクラーは回転式・噴水式・首振式などさまざまな種類が販売されているため、用途や庭の広さに合ったものを選びましょう。広範囲に効率良く水やりをしたいのであれば回転式が、砂ぼこり対策も兼ねたいときは噴水式が、範囲を自由に設定したいときは首振式がおすすめです。

ドリップチューブは、スプリンクラーのように水をまくのではなく、地面に少しずつ浸透させていくものです。等間隔に穴の開けられたポリチューブを庭に設置して、穴から水を均一に吐かせることで点滴散水します。設置場所によってはチューブの存在感は避けられませんが、均一的に土を潤すことができます。

植え替えの負担を減らす方法

植え替えの負担を手軽に減らす方法が、最初に何を植えるか慎重に検討することです。毎年種を植える必要のない宿根草なら、冬に一度枯れても冬眠するため、季節が来れば再度青々とした見た目に戻ります。

宿根草とは多年草の一種で、一度植えると数年間は繰り返し開花を楽しむことができます。また、非常に丈夫な品種が多いこともメリットです。害虫に強いものや日陰でも育ちやすいものなど、普段の手入れも負担になりません。クリスマスローズやタイム、セダムやクレマチスなどが宿根草にあたります。

より手入れの負担を軽減したい方は、花ではなく緑中心にすると良いでしょう。傷んだ花を取り除いたり枯れて落ちた花を掃いたりする手間もなくなります。

どうしても季節の花を楽しみたい方には、花壇ではなく鉢植えで楽しむことをおすすめします。鉢植えであれば手軽に手入れできるうえ、天候に合わせて最適なスポットへ移動させることもできるでしょう。

目次へ

お庭の手入れが大変なら家工房にお任せください!


「体が弱って、庭の手入れがつらい…」
「思い出のある木だから植え替えはしたくない。だけど、剪定ができなくて困っている…」

お庭の手入れに困ったときは、専門知識と高い技術を持った「おうちの御用聞き家工房」に、ぜひご相談ください。定期的な庭の手入れや庭木の剪定など、多数の実績と高い技術を持ったスタッフが、電話一本で最短即日に伺います。

庭木の手入れ方法、雑草や落ち葉の対策方法など、庭に関するお悩みならどんな些細なものでも誠心誠意をもって対応いたします。まずは一度、お悩みをお聞かせください。

目次へ

まとめ

雑草取りや庭木の剪定など、庭の手入れは一年を通して必要な作業です。放置して雑草や木の枝が伸び放題になれば、ご近所から「だらしのない庭」だと思われてしまいかねません。せっかくの庭を楽しむためにも、定期的に手入れをしましょう。

少しでも手入れの負担を軽くするのであれば、砂利を敷く・木を植え替える、専門業者に相談することをおすすめします。

雑草取りや植木の剪定、庭木の選び方や雑草対策の方法など、庭に関することなら何でも「おうちの御用聞き家工房」にご相談ください。高い技術と豊富な知識を有するスタッフが即座に駆け付けます。