壁紙がひび割れる原因!おすすめの補修方法2パターン

普段あまり意識することのない家の中の壁ですが、壁紙がひび割れていたらとても気になるのではないでしょうか。壁紙がひび割れていると家が古びて見えますし、「もしかすると壁に問題があるのかもしれない」と心配になってしまうでしょう。 しかし、なぜ壁紙がひび割れてしまうのでしょうか。今回は壁紙がひび割れる原因や補修方法、壁紙のひび割れを補修するときの注意点などを紹介しますので、壁のひび割れが気になっている人はぜひ参考にしてみてください。


この記事は約6分で読み終わります。

壁紙がひび割れてしまう原因

壁紙がひび割れていると、「何かぶつけたかな」と考える人が多いでしょう。しかし、壁紙がひび割れたのは、何かをぶつけたことが原因とは限りません。家の内部でトラブルが起きていることもあるので、早めの確認が重要です。

まずは壁紙がひび割れる原因について解説しますので、どれに該当しそうかチェックしてみましょう。

壁・壁紙の材質

壁紙がひび割れる原因のひとつが、壁や壁紙の材質です。たとえば壁に木材が使われている場合、梅雨の湿気や夏の温度上昇によって木材が変形し、壁が歪んでしまうことがあります。すると壁紙が引っ張られて負荷がかかり、ひび割れてしまうことがあるのです。

また、住宅で使用されることが多い塩化ビニール製の壁紙は熱や冷気で伸び縮みする性質があるため、その負荷が原因でひび割れてしまうこともあります。

壁に蓄積されたダメージ

壁に硬いものがぶつかった結果、壁紙がひび割れることがあることは想像できるでしょう。

しかし、ものをぶつけるという直接的なダメージ以外にも、地震や台風、道路から来る振動などで家が揺れて徐々に歪んでいき、ダメージが蓄積した結果壁紙がひび割れることもあります。

また、気づかないうちに雨漏りや水漏れが発生しており、それが原因で壁紙がひび割れることもあります。

雨漏りや水漏れは壁紙以外にも大きなダメージを与えるので、壁紙のひび割れを見つけたら、早めに雨漏りや水漏れが起きていないかをチェックしてみましょう。

経年劣化

家を建ててから長期間経っているのであれば、壁や壁紙の経年劣化によって壁紙がひび割れることもあります。

ただし、木造住宅の場合は新築でも注意が必要です。木造住宅の場合、施工から1~2年ほどは乾燥や湿気によって木材が動くため、それが原因で壁紙がひび割れることがあります。

下地

壁紙の下地の施行不良やトラブルも、壁紙がひび割れる原因のひとつです。壁紙を貼るときには、下地として貼られている合板や石膏ボードに糊を塗るのですが、下地のつなぎ目の隙間が大きいと、それに合わせて壁紙に線が入ってひび割れてしまうことがあります。

下地の合板や石膏ボードが振動で歪んだ、コンクリートに亀裂が入ったなどのトラブルが起きていることもあるでしょう。

また、塩化ビニール製の壁紙は熱や冷気で伸び縮みするので、貼ってから1~2年ほどで壁紙と壁紙の隙間が広がってひび割れになることもあります。

目次へ

【自分で行う】壁紙のひび割れを補修する方法

壁紙に隙間ができている程度の軽度なひび割れであれば、自分で補修することも可能です。ホームセンターなどで「コーキング剤」が売られているので、それを使って補修しましょう。

コーキング剤とは、隙間を埋めるための樹脂系の目地充鎮剤です。壁紙のひび割れに注入し、水で濡らしたスポンジで馴染ませるだけで手軽にひび割れを補修できます。

コーキング剤にはさまざまな色のものがあるので、補修したい壁紙の色にあるものを選んでください。

コーキング剤で補修できるのは、壁紙同士の隙間にできたひび割れ程度です。大きくひび割れている、穴が開いている、下地に隙間やひび割れができているなどの場合は、コーキング剤では補修できません。

目次へ

壁紙のひび割れを早急に補修するには業者依頼

軽度のひび割れであれば自分で補修できますが、多くの場合、壁紙のひび割れの補修は業者に補修を依頼しなくてはなりません。

壁紙のひび割れの補修を依頼する業者の主な選択肢としては、工務店などの専門業者か、地域密着型の業者の2種類があります。それぞれの業者の特徴について見ていきましょう。

専門業者依頼

工務店や住宅会社などの専門業者では、壁紙のひび割れの補修にも対応しています。専門業者だけあって技術力が高いため、きれいな仕上がりが期待できるのがメリットです。

ただし、作業費のほかに出張費や見積もり費などがかかることも多く、費用が高くなりがちというデメリットがあります。

また、工務店や住宅会社、リフォーム会社などいろいろあって比較がむずかしく、どの業者にすれば良いのかわからないということもあるでしょう。

地域密着型の業者に相談

地域密着型の業者は、密着型というだけあって対応エリアがせまい傾向にあります。その代わりに対応が早く、なかには即日対応可能という業者もあるのがメリットです。

また、出張費や見積もり費が無料という業者も多く、リーズナブルに依頼できるというメリットもあります。

地域密着型のおうちの御用聞き家工房も、電話1本で最短即日対応が可能です。壁紙のひび割れの補修をはじめ、水回りの修理や庭の草むしりなど、おうちのなかの困りごとをまとめてお任せいただけます。

対応エリア内の出張費は無料、見積もりも無料ですので、壁紙のひび割れにお困りの際は、ぜひご相談ください。

目次へ

壁紙のひび割れ修理を業者依頼する上での注意点

壁紙のひび割れは業者に依頼すれば直せますが、業者に依頼する際に注意しておきたいことがあります。

あとで困ったことになったり損をしたりする可能性があるので、業者に依頼する前にここで解説する内容を確認してみてください。

保証の有無を確認

木造住宅では、高温や湿気に弱いという木材の性質のために施工から1~2年ほどで壁紙がひび割れてしまうことがあります。

このような早期のトラブルであれば、施工会社の保証が受けられる可能性が高いので、自分で業者を探す前に施行会社に確認してみましょう。

マンション・アパートの場合は契約違反になることも

マンションやアパートなどの賃貸住宅で壁紙にひび割れが起きた場合、勝手に業者に依頼して補修すると契約違反になる可能性があります。自分でコーキング剤などを使って補修するのも同様です。

退去の際に高額な原状回復工事の費用を請求される恐れもあるので、まずは契約内容を確認してみましょう。賃貸住宅の管理人や管理会社に問い合わせると、より確実です。

経年劣化など賃借人に過失がないひび割れの場合は、管理者負担で補修してもらえることもあります。

業者依頼の場合は契約書を発行してもらう

壁紙のひび割れの補修を業者に依頼するときには、契約書を発行してもらうことも大切です。

「契約書なんて頼まなくてももらえるのでは」と思うかもしれませんが、業者によっては壁紙の補修などの簡単な工事とみなしたものについては、契約書を発行しなかったり、内容を簡略化した契約書を発行したりすることがあります。

しかし、契約書がない、契約書はあっても詳細が記されていない場合、施工後に何かトラブルが起きたときに「言った言わない」の問題が出てくるかもしれません。

あとで施工日時に関する情報などが必要になることもあるので、施工内容についての詳細が記載された契約書を発行してもらいましょう。

目次へ

まとめ

壁紙がひび割れるのは、何かぶつけたことだけが原因とは限りません。壁や壁紙の経年劣化であったり、家全体に蓄積したダメージであったり、下地の問題だったりと多岐に渡ります。

壁紙に隙間ができ、そこから少しひび割れている程度であれば、自分でコーキング剤を使って補修することもできますが、壁の歪みや下地のトラブルなどでひび割れがひどい場合は素人では対処しきれません。

無理に自分で補修しようとせずに、プロの業者に補修を依頼しましょう。