ドアノブ交換費用の目安って?自分で交換できる?

家には、複数のドアノブがあります。毎日使用するドアノブは、外れてしまうと開け閉めができなくなるため、違和感があったら早めの交換が必要です。交換費用は、ドアノブの形状や状態によって幅があります。 本記事では、ドアノブの交換費用や自分で交換ができる範囲かどうか見極めるポイントについて紹介します。


この記事は約10分で読み終わります。

ドアノブの交換費用は8,000円〜5万円が目安


ドアノブの交換費用は、「作業料金+部品代(ドアノブ本体など)+出張料金」で計算されるケースが一般的です。作業料金自体は1万円程度が主流です。業者によっては、出張先が事業所から近い場合は、出張料金が無料であるケースや、作業料金に含まれている場合もあります。

また、ドアノブ本体の代金も1,000円台~10万円以上と種類やメーカーによって大きく異なるため、交換費用に差が出るポイントです。相場は作業料金を含めて8,000円~5万円程度ですが、海外製など珍しいドアノブの場合は部品料金だけで高額となる可能性もあります。

ここでは、ドアノブの交換費用が安くなるケースや高くなるケースを、具体的に解説してきます。

ドアノブの交換が安価で済む場合

ドアノブ交換の費用を大きく左右するポイントのひとつは、前述のとおりドアノブ本体にかかる費用です。そのためドアノブ本体をまるごと交換する必要がない場合は、部品の交換や調整のみで済むことから、安価となります。

たとえば、ドアノブがぐらつく場合は、ネジ穴の調整か、小さな部品の交換程度で終わることがあります。この場合はドアノブ本体を買い替える必要がないため、発生する費用は最低限の作業料金や部品代、出張料金のみです。ネジがぐらつく程度で部品やドアノブ自体に問題がなければ、より安価に済む場合もあります。

ネジの締め直しで済めば自力で対処もできますが、ネジ穴が広がっていたり、ネジの頭(ドライバーを差す凹み部分)が潰れたりしている場合は、業者に依頼しましょう。無理に対処しようとすると、さらに状態が悪化する可能性があり、作業量が増えて料金も変動しかねません。

ドアノブの交換が高額になる場合

ドアノブの交換が高額になる理由は、主に作業量が増えたり複雑になったりするためです。

たとえばトイレなどで使用される最も安価なタイプは、ドアノブの中央に鍵がありますが、中にはドアノブと鍵が別に設置されているタイプもあり、作業内容が異なります。ドアノブと鍵が別になっている分、作業にかかる手間や時間が多くなることから、通常料金よりも高額となる可能性もあるでしょう。

ドアノブの位置と離れていなくても、鍵の仕組みが複雑なタイプは高額となることがあります。ディンプルキーなど、比較的新しいタイプの鍵は作業料金に影響しやすいものです。

また、ドアノブの構造によっても費用相場は大きく変動します。具体的には室内用など鍵のないタイプはシンプルな構造のため安くなる傾向にありますが、室外用など鍵のあるタイプは複雑な構造のものほど高額となる傾向です。

鍵付きのドアノブを新しいものに交換する場合と比べると、鍵なしタイプから鍵付きタイプのドアノブに付け替えるケースも高額になることがあります。

目次へ

ドアノブの違和感や故障は早めに修理、交換をしよう!

ドアノブがぐらついていたり、明らかに故障したりしている場合は、早めに修理あるいは交換をおすすめします。最初は少しの違和感でも、放置しているうちに以下のようなトラブルに発展する可能性があるためです。

・症状が悪化して修理費が膨らむ
・ドアが開かなくなる
・防犯上の危険が生じる

ドアノブが回りにくくなっている場合や、ぐらついている状態のまま放置すると、使用を重ねるほどに症状が悪化しやすくなります。ネジの緩みが原因だったのに、放置して使っているうちにネジ穴が膨らんでしまったり部品が取れてしまったりすれば、作業量が増えることで料金にも影響が起こりかねません。

また、ふとした拍子にドアノブが外れ、ドアが開かなくなってしまうケースもあるでしょう。中に入れなくなる以外にも、室内にいる間にドアノブが外れると、閉じ込められてしまうことになります。

玄関や勝手口、ベランダなど外部の人間が分かる場所のドアノブに異常が出れば、防犯上の危険にもつながります。空き巣の常套手段の中には深夜などにドアノブをガチャガチャまわして、住人の不在や防犯意識を確認する下調べもあります。ドアノブの異常を放置していることがわかってしまうと、防犯意識が低い家としてマークされるでしょう。

目次へ

業者を選ぶときのポイント

適正価格で、トラブルのない施工を行ってくれる業者を選ぶためには、費用だけではなく、さまざまな視点から業者をチェックすることが大切です。

良心的な業者を選ぶ際のポイントとして、以下の2点があげられます。

・出張費・見積もり料が無料
・高度な技術力を持つスタッフがいる

料金を少しでも抑えたい場合は、出張費や見積もり料が無料の業者を選びましょう。出張費が有料のところが必ずしも「信頼できない会社」というわけではありませんが、コストを抑えるポイントとして重視したいところです。

もちろん、複雑な故障も即座に直してくれるような、高度な技術力を持つスタッフが在籍していることも譲れません。

費用面も技術面も安心して依頼できる業者をお探しなら、「おうちの御用聞き家工房」にぜひお任せください。

おうちの御用聞き家工房では、ドアノブの交換や修理をはじめとした、家に関するあらゆるトラブルの相談を受け付けています。「トラブルなのか分からないけど、ちょっと見てほしい」「力がなくてネジ穴が回せない」など、簡単なご依頼からでも相談可能です。電話一本で最短即日のうちに駆け付け、専門知識を有するスタッフが見積もりを行います。

そのほか、お庭のお手入れやハウスクリーニング、水回りのトラブルなども受け付け可能です。たとえば人工芝を敷いてほしいという本格的な施工から、雑草駆除をしてほしいという軽作業まで対応しています。トイレやお風呂のトラブルなど水道関連のご相談や換気扇・エアコンの清掃などもぜひお任せください。

目次へ

自分で交換できる範囲かどうか見極めるポイント

最も費用を抑える方法は、自分自身でドアノブの交換を行うことです。近年はDIYも流行しており、簡単な作業であれば身近なホームセンターで材料や道具を揃えて誰でも始められます。

しかし、腕に自信のないまま作業を始めると失敗する可能性があります。場合によっては最初の状態よりも悪化させてしまい、業者を呼んだときの費用が高くついてしまうリスクも否めません。

ここでは、自分でドアノブ交換を検討している方へ、自力での作業は可能かどうか見極めるポイントを紹介します。

次の場合なら自力で交換できる可能性もある

ドアノブの交換は、先に解説したとおり複雑な構造をしたものも多いため、想像よりも難しい作業となる場合があります。自力で作業ができる可能性があるのは、たとえば以下の2つを満たすケースです。

・ドアノブの構造がシンプル
・自身で部品の取り寄せができる

鍵のついていない屋内用のドアノブなど、構造がシンプルなものは専門業者でなくても交換できるケースもあります。ネジが見える場所にあったり、故障原因がドアノブの経年劣化による錆びなど交換作業のみで解決できたりするものであれば、自力で対応できるでしょう。

ただし、自力で交換が可能な条件には、「交換用の部品を取り寄せられること」があげられます。一般的なメーカーのものはホームセンターで購入できますが、型番が古いものは製造終了している可能性もあるため、まずは部品を取り寄せできるかチェックしてみましょう。

海外輸入品など、自身で部品の取り寄せが難しい場合は、業者に相談するほうが安心です。

部品購入時の注意点

部品購入時は、まず同じ型番の商品を探しましょう。ホームセンターのほかにもメーカーなどから通販で取り寄せる方法もありますが、古いものは廃盤になっている可能性が高く、入手困難となります。

同じメーカーであっても、型番が少し違うだけでドアと合わなくなるため、型番が同じものか、同等のタイプのものを探す必要があります。ドアノブはドアの厚さ・ラッチの形状・ドアノブからラッチまでの距離・ドアの開閉方向のすべてが一致するものでなければ、代用もできません。注意点は、右利き用だけではなく左利き用の商品が販売されている場合もあることです。

また、サイズを計測したうえで購入しても、実際にはめてみると合わなかったり日焼けやキズが目立ったりと、見た目が悪くなることも少なくありません。少しでも部品選びに不安があるときは、プロにお任せください。豊富な経験を元に部品選びを間違わないため、安心して任せられます。

部品の交換作業や工具の取り扱いに慣れている方は、工具をすでに持っていれば部品代のみで済むため、業者を呼ばずに自力で試してみても良いでしょう。

難易度が高いドアノブ

鍵付きのドアノブは、交換難易度が上がります。業者に依頼したほうが早くて安全に作業できるため、無理に自力で直そうとすることは避けましょう。セキュリティ機能がついた場所も、業者への依頼がおすすめです。

中には部品交換までには至らず、少しの調整や修理で改善することもありますが、自分で判断が難しいときは業者へ相談してみてください。素人による作業や判断は歪みが生じたり失敗したりと、再交換で料金がかさむこともあります。

最初から業者に依頼すると、長く安全に使い続けられるため、簡単な点検程度でも一度依頼してみてはいかがでしょうか。

目次へ

ドアノブの交換を依頼するときに知っておくと良いこと

業者にドアノブの交換を依頼する際に、知っておくことで、スムーズに話が進むポイントがあります。業者に連絡をとる前に、交換したいドアノブについて確認をしておきましょう。

形状

ドアノブには、大きく分けて3種類の形状があります。それぞれの特徴を知って、交換したいドアに向いているドアノブを選びましょう。

1.握り玉式・円筒錠
円形のノブを握って、回してドアを開けるタイプを握り玉式といいます。このタイプのドアノブは、取り付けが簡単で、部品の値段が低めであることがメリットです。

以前は、アパートの玄関や勝手口などにも使われていましたが、防犯性が低いため最近では室内での利用が一般的です。

握り玉式には、鍵付き、鍵なしの両タイプがあります。鍵付きは、ドアノブと一体型になっていて、ドアの中心に鍵穴やつまみがあります。

外からドアノブを固定しているネジが見えるものをチューブラ錠、見えないタイプを円筒錠といいます。

また、ドアを開け閉めする際に側面で出たり引っ込んだりする四角い金具をデッドボルトと呼び、このタイプのドアノブをインテグラル錠と呼びます。

トイレのドアに使われることが多いのが、表示錠です。ドアの内側からだけ鍵がかけられるもので、鍵をかけているときは赤、鍵をかけていなときは青などと、外側のドアノブの表示窓に色が示されます。

表示錠は、鍵がかかっているかどうかを示す構造がついているだけなので、ドアノブの構造としては、円筒錠、チューブラ錠と同じです。

2.レバー式
レバー式は、ドアノブがレバーになっていて、レバーを引くことでドアを開け閉めできるドアノブです。軽い力でもレバーを引きやすいので、お年寄りや小さな子どもでもドアを開けやすいことがメリットです。

最近では、室内のドアノブの多くにレバー式が使われています。握り玉式からレバー式に交換する人も少なくありません。レバー式にも、鍵付きと鍵なしがあります。また表示窓が付いている表示錠もあります。

レバー式のうち、固定しているネジが見えているものがチューブラ錠で、ネジが見えないものがインテグラ錠です。チューブラ式は、簡単に取り外しできてしまうため、室内向きです。

インテグラ錠は、握り玉式のインテグラ錠から交換する場合によく利用されます。レバー式になると、デットボルトから三角のラッチに金具が変わっていることもよくあります。

3.プッシュプル式
ドアノブであるハンドル全体を押し引きして、ドアを開閉するタイプです。主に玄関のドアで使用します。プッシュプル式には、ハンドルとシリンダーが別に付いているものと一体化しているものがあります。握り玉式などと比べてセキュリティ機能が高いというメリットがあります。

上述したこれらのほかにも、さまざまな形状のドアノブが存在します。風呂場のような水まわりでは、さびにくい樹脂製のドアノブが使われているのを見たこともあるでしょう。

メーカーと型番

ドアノブの交換をする前に、現在使っているドアノブのメーカーと型番を調べておくと役に立ちます。ドアノブの大きさは製品によって異なります。業者に型番を伝えると、新しく付け替えられるドアノブが分かります。

一般的に、ドアノブの台座やドアを開けて側面に見える部分に、メーカーの刻印と型番が表記されています。型番まで分かると部品の取り寄せ作業がスムーズになるため、見つけらたらチェックして必ず控えておきましょう。

目次へ

まとめ

ドアノブの交換費用は、業者に依頼すると8,000円〜5万円で、簡単に交換してもらえます。シンプルな構造のドアノブであれば、自分で交換することも可能です。ドアノブには形状による種類があるため、業者に依頼する場合は、形状とメーカー・型番などをチェックしておくと、スムーズに進めてもらえます。