古くなったブロック塀は危険?DIYで補修する方法と費用

外部からの視界を遮るのに役立つブロック塀ですが、劣化したまま放置すると非常に危険です。 今回は古くなったブロック塀の危険性や劣化症状、補修方法についてくわしく解説します。自宅にブロック塀がある人は早めに点検して、状態に応じた補修を行いましょう。


この記事は約7分で読み終わります。

【注意】古くなったブロック塀の危険性

ブロック塀は日常生活で使用するものではないので、存在に気がまわらないものです。
そのため、長期間点検や補修をしない人も多いですが、古くなったブロック塀は大変危険です。

ただ「危険だ」といわれてもピンと来ない人もいるでしょう。そこでまずは古くなったブロック塀の危険性について解説していきます。

注意1.地震などによる倒壊

古くなったブロック塀が危険といわれるのは、地震などによって倒壊する恐れがあるからです。多くの人が大きな地震が起きたときに、「ブロック塀が倒れて人が下敷きになる」というニュースを見たのではないでしょうか。

ブロック塀を設置する際には、住宅と同様に建築基準法に則った設計、施工を行わなくてはなりません。しかし、建築基準法は1981年に改正され、それ以前に造られたブロック塀には基準を満たしていない可能性があります。

また、1981年以降に造られたブロック塀でも、ブロック塀単体の軽微な工事は役所への届け出なしで施工できるため、基準を守らずに造られたものが少なからず存在します。

基準を満たしていないブロック塀は、鉄筋が入っていない、倒壊防止の控え壁がないなどで倒れやすい状態にあり、放置しておくと大きな事故につながる恐れがあります。

注意2.損害賠償のリスクがある

ブロック塀で事故が起きた場合の責任の所在は、ブロック塀の所有者にあります。そのため、古いブロック塀が倒壊したときに他人を巻き込んでしまったら、損害賠償請求を受ける可能性があります。

ブロック塀が倒壊したときの重さは100kg以上になることもあるため、通行人や自動車などが巻き込まれたら、甚大な被害が出ます。

その分損害賠償額も高額になる可能性が高く、過去には数千万円もの賠償請求が行われたケースもあるので、古くなったブロック塀は早急に点検、補修することが重要です。もちろん、賠償の有無ではなく、事故防止の観点から対応することは、言うまでもありません。

目次へ

【要確認】ブロック塀の主な劣化症状

ブロック塀が基準どおりに設置されているか確認するのは難しいですが、ブロック塀が劣化しているかの点検は比較的簡単にできます。

ここではブロック塀の劣化症状を紹介しますので、当てはまる箇所がないかチェックしてみましょう。

チェック1.カビやコケが生えている

ブロック塀の多くは、屋外に設置されていて雨風や直射日光などに晒されるため、経年劣化は避けられません。

また、雨水や空気中の二酸化炭素を吸い込んで、アルカリ性のコンクリートは中性化し、もろくなっていきます。

こうしてもろくなったブロック塀にはカビやコケが生えやすくなるので、自宅のブロック塀にカビやコケがついている場合は、ブロック塀が劣化していると考えて良いでしょう。

チェック2.白華(はっか)現象がみられる

ブロック塀にできる白いシミのようなものも、ブロック塀の劣化症状の一種です。白いシミのようなものはただの汚れと思われがちですが、実は「白華現象」といってブロック塀の内部の成分が染み出したことによって起こります。

ブロック塀の外観を損なうだけでなく、内部で劣化が進んでいることが考えられるので、ただの汚れだと放置しないようにしましょう。

チェック3.欠けやひび割れがある

ブロック塀は屋外にあるので、少々欠けやひび割れがあっても気にしない人も多いのではないでしょうか。

しかし、欠けやひび割れがあると雨水が侵入しやすくなり、ブロック塀の劣化が進行するため、早めに補修するのがおすすめです。

チェック4.傾き、ぐらつき

ブロック塀が傾いている、押すとぐらつくといった状態はとくに要注意です。傾きやぐらつきがあるときは、構造に問題があったり強度が大幅に低下したりしていることが考えられるので、地震や強風などで簡単に倒壊する恐れがあります。

かなり危険な状態なので、早急に点検や補修、リフォームなどを行いましょう。

目次へ

古くなったブロック塀の補修方法と流れ

自宅のブロック塀を点検してみたらカビやコケが生えていた、ひび割れていたなど何らかの問題が見つかったとしても、どう対処すれば良いのかわからない人も多いでしょう。

そこで続いては、古くなって劣化症状が出ているブロック塀の補修方法と流れを紹介します。

【DIY】自分で補修する

ごく小さなひび割れや欠けであれば、自分で補修できます。DIYできる基準はひび割れの場合0.3mm以下であること、欠けの場合は内部の鉄筋が見えていない程度と考えると良いでしょう。

具体的な補修方法や必要な道具は以下のとおりです。

ひび割れの補修方法

ブロック塀のひび割れを補修するのに必要な道具は、以下の4つです。

・補修材
・ワイヤーブラシ
・スポンジ
・ヘラ

どれもホームセンターやネットショップなどで比較的安価で販売されています。補修材は「コンクリート用」「ブロック塀用」などと記載されているものを選んでください。

補修は以下の手順で行います。

1.ワイヤーブラシやスポンジを使ってひび割れ周辺の汚れを落とす
2.ひび割れを補修剤で埋める
3.ヘラで補修材の表面を平らにならす
4.補修剤が固まるまで待つ

欠けの補修方法

ブロック塀の欠けを補修する場合は、必要な道具や手順が少し複雑になります。まず、以下のものを用意しましょう。

・補修材
・ワイヤーブラシ
・スポンジ
・ヘラ
・プラスチック容器
・混ぜ棒
・水

欠けている場合、ひび割れよりも補修箇所が大きいため、補修剤もやや強力なものが必要になることがあります。補修剤が肌についたり、目や口に入ったりするのを防ぐために、保護メガネ、防じんマスク、ゴム手袋も用意してください。補修は以下の手順で行います。

1.ワイヤーブラシやスポンジを使ってひび割れ周辺の汚れを落とす
2.補修材と水を混ぜ合わせる
3.ブロック塀の欠けている部分に補修剤を乗せる
4.ヘラで補修材の表面を平らにならす
5.補修剤が固まるまで待つ

【依頼】業者に補修依頼する

ブロック塀が以下のような状態になっている場合は、劣化が進んでいて自分で補修するのがむずかしいので、業者に依頼するのがおすすめです。

①0.3mm以上の多いひび・欠け
②ブロック塀が傾いている
③ブロック塀の鉄骨がむき出しになっている部分がある
④ブロック塀に大きな穴がある

どの業者に補修を依頼するか悩んだときは、おうちの御用聞き家工房にご相談ください。おうちの御用聞き家工房では、家に関するトラブルであればどんな些細なことでもご相談いただけます。ブロック塀の補修にも対応しており、電話一本で最短即日お伺いも可能です。

目次へ

ブロック塀の補修費用

ブロック塀の補修を業者に依頼する場合に気になるのが、費用額ではないでしょうか。費用はブロック塀の状態によるため一概にはいえませんが、おおよその目安を紹介します。

DIYの補修費用の目安

自分でブロック塀を補修する場合、必要な道具をすべて購入したとしても、それほど費用はかかりません。補修剤は1,000円前後、ヘラは500~1,800円程度で購入できます。

「補修箇所が目立つので塗装したい」という場合は、塗料や刷毛なども購入する必要がありますが、塗料や刷毛もそれほど高くないので気軽に購入できるでしょう。

・塗料(1L):約2,000円
・刷毛:約100~300円
・ローラー:約350~500円
・デッキブラシ:約500円

業者依頼の補修費用の目安

ブロック塀の補修を業者に依頼する場合、ひび割れの補修やブロックの交換程度であれば13,000~20,000円/㎡程度で済むでしょう。

欠けているブロックの一部を交換したいという場合も、10,000~20,000円/㎡程度が目安です。塗装が必要な場合は、別途塗装代として3,000円~/㎡程度見込んでおきましょう。

問題はブロック塀の傾き、一部の交換では済まないほど破損していた場合です。この場合、古いブロック塀を撤去して新設することになるため、ブロック塀の大きさなどにもよりますが、17万円前後から費用がかかると見ておいたほうが良いでしょう。

費用が心配な場合は、事前に業者に見積もりを出してもらうのがおすすめです。おうちの御用聞き家工房では現場をしっかりチェックしたうえで、状態に応じた明確な費用を提示いたします。

見積もりはもちろん無料で、できるだけ低額に抑える方法がないかも考えますので、お気軽にご相談ください。

目次へ

まとめ

古いブロック塀を放置していると、重大な事故が起こる危険があります。自宅のブロック塀を点検し、劣化症状が出ていたら早めに補修を行いましょう。

ごく小さなひび割れや欠けなら自分でも対処できますが、劣化症状がひどい場合は業者にぜひ相談してみてください。